fc2ブログ

Thu.

Holbeinhaus ホルバインハウス  

Holbeinhaus ホルバインハウス

日本ではHolbeinホルベインの絵具で知られていますね
実はアウグスブルグ出身の画家の親子ハンス・ホルバインの名前から来ています。

お父さんは宗教画家で、息子はイギリスのヘンリー8世の宮廷画家でした。
父親の絵は教会のための絵、息子はロイヤルファミリーの肖像画を描いていました。
ヘンリー8世は気に入らないと妻の首をはねたり、離婚したりして、6人の妻をめとっています。
カメラの無かったこの時代、お見合い写真の代わりにハンス・ホルバインが候補者の女性の絵を描いていたんですね。

アウグスブルグの大聖堂に父が描いたマリアさまの絵が4枚。
シェッツラー宮殿に大作が何枚も展示されています。



16456419120.jpeg

アウグスブルグは運河が多い町。
ハンス・ホルバインの家の前にも小さな水路があります。

ホルバイン家の隣はショコラテリーやブティック。
お店の前に出ているでテーブルでコーヒーやスウィーツを楽しめます。

目の前は小さな泉のある広場で、ベンチもあるし、暖かい日は休憩したり、おしゃべりをする人で賑わっています!



Holbeinhaus

ドアの上に彼らがこの地に住んでいたことが記されている碑文が…



16456418860.jpeg

1496年~1516年まで、ここにホルバイン家が建っていました。
この地で息子のハンスが誕生しています。



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト



2022/02/24 05:17 [edit]

category: アウグスブルグの観光

tb: 0   cm: 0

Fri.

すごい掘り出しもが見つかる!  

アウグスブルグの
アンティークショップ


この間お客様を案内していてフラっと入ったお店。
結構すごかった!

私は鑑定は出来ないので本物かどうかなどは
全然分からないだけど色々見つけました。


20171023001153c37.jpg

フッガライのすぐ上、市庁舎へ行く道にあります。
ジョッキはミュンヘンだとひとつ30€ぐらいするのも
いくつもありました。ここでは3~5€。




20171023001145c3c.jpg

この方がお店のオーナー。
所狭しと訳わかんない物が並んでます!




20171023001157dec.jpg

これはナチスの兵隊が身に付けていた勲章。
10€でお買い上げでした!




20171023001129627.jpg

ナチス時代の硬貨。
ハーケンクロイツが刻まれています。




20171023001110b3a.jpg

1849年に鋳造された2グルデン。
ドイツマルクの前の通貨です。
こちらは30€でお買い上げ!

フラっと入った店で色々面白いものを見つけて、
こんな買い物もワクワク楽しいですね。





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/11/03 08:00 [edit]

category: アウグスブルグで買い物

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

Tue.

真っ赤になったフッガライの蔦  

フッガライの蔦

ドイツは日々秋が深まっていますが
紅葉は黄葉ていど。

気候のせいなのか葉っぱはなかなか赤くはならず、
黄色やオレンジでとどまっている木々が多い中
フッガライの蔦は素晴らしく真っ赤になります!

フッガライは世界最古の福祉集合住宅。
フッガー家の全盛期1521年にヤコブ・フッガーが
慈善事業の一環として建てたものです。

家賃は今でも当時のまま。
一年間で88セントです!

2017102223484876b.jpg
 
フッガー家の事務所がある入り口付近。




201710222348183bb.jpg

フッガライのメインストリート。




20171022234851515.jpg

美しく紅葉した蔦のからまるアパート。




20171022234829d6b.jpg

アウグスブルグ市から寄進された噴水と
蔦の絡まるアパート。

見ごろはまだしばらく続きそうです!
お早目に訪れてください!!





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/10/24 08:00 [edit]

category: アウグスブルグの観光

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

Wed.

タパス料理 La Bomba  

La Bomba
Afrawald 2 · 86150 Augsburg
水・木 19時-23時半/ 金・土 19時-3時


マクシミリアン通りを一本に東に入ったところ
目立たない小さなバールです。

聖ウルリッヒとアフラ教会を背に一本目を右
下り坂の途中にあります。


20170526015614772.jpg

一見バーのように見えますが
早い時間はお食事をする人でいっぱいです。
若者向きのバーかと思いきや、ご飯がけっこう美味しい!

特にイカスミえびご飯とイカのフライが気に入りました。



20170526015603bdf.jpg

友達と5人で行ったので、色々頼んでシェアしました。



201705260156134c3.jpg

サングリアやスペインのワインやビールをいただきながら
しばし光と影の国の雰囲気に浸れる気軽なお店です!

私的にはもう一度行きたい!


ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/05/31 07:57 [edit]

category: アウグスブルグのレストラン

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
Alt Silberschmiede 銀細工職人の工房
Pfladergasse 10, 86150 Augsburg
月ー水 10-18時/ 木金 10-19時/ 土10-16時
 

ミュンヘンのレジデンツに行って、「わっすごい細工!」と思う銀細工はほとんどアウグスブルグの銀細工職人が宮廷から注文を受けて作ったものです。往時はヨーロッパ中の宮廷や貴族から注文が殺到していました。

前にも一度紹介しましたが、お店の外だけだったので中に入ってみましょう!
こちらから⇒ アウグスブルグの銀細工職人

入口をくぐって右側が伝統的なデザインのアクセサリーと工房
左側がモダンなデザインのアクセサリーを置いてるショップです!


20170226005810035.jpg

ピンク色のかわいらしい建物。



2017022600580523e.jpg

この金の紋章はアウグスブルグでは歴史的建築物につけられています。
「16世紀の銀細工職人の家と工房」と書かれていますね。



20170226005643db1.jpg

この紋章は誰でもここが銀細工を扱う店だと一目で分かるようにつけられていました。
中世のころは識字率がそんなに高くなかったですから。



は~い。
ここからは右手の伝統的なものを置いてるショップのアクセサリーです!


20170226005637425.jpg


201702260056361f9.jpg


20170226005636ae4.jpg


20170226005626af6.jpg

普通の洋服でも十分使えそうですが、きっとドイツの民族衣装を着ると素敵です!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/04/17 07:56 [edit]

category: アウグスブルグで買い物

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top