afa 2015 アウグスブルグ最大の春の見本市 Messe
開催期間:4月11日から19日まで  毎日:9時半~18時   場所:Messe Augsburg
行き方:期間中、中央駅からKönigsplatz ケーニヒスプラッツを経由し、見本市専用のトラム9番が15分おきに走っている。
料金:大人10ユーロ、学生7ユーロ、10歳以下の子供は無料 広さ:42000平方メートル


アウグスブルグで毎年恒例の見本市。毎年テーマがあって、今年メインテーマは「建てる&住む」

ドイツではマイスター制の影響もあってか、エキスパートが集まって一軒の家を建てる。建築会社がまず地下室を作り、煉瓦で土台を建てる。その後は電気、壁、屋根、窓、トイレ、お風呂、暖房、タイル、ペンキ、階段、ガレージ、庭の柵にいたるまですべて別々の会社が請け負う。

家を建てるのは本当に重労働。現場監督を一人雇って業者探しをすべて任せるか、自分で一軒一軒電話かメールで問い合わせて探す。私たちは自分で探したので本当に大変だった!

ドイツ人はとても器用で、タイル張りやペンキ塗りなんてお手の物。でもさすがに窓や階段は取り付けられない。

だから今回のテーマ「建てる&住む」はこれから家を建てる人や改装しようと思っている人には、そういう業者と一気に話が出来るいい機会だ。

ドイツの家は素晴らしく合理的で実用的なうえデザインも洗練されているので、外国から見学にいらっしゃるお客さまも多い。気候や国民性もあるが、特に断熱、暖房、防音、省エネの面で優れている


二つ目のテーマは
「Schwabenシュバーべンを体験しよう!」

Schwabenはバイエルンをもう少し細かく分けたアウグスブルグを含む地域。食べるもの、飲むもの、着るもの、普段の生活で必要な品々、お祭り、自然、文化、歴史、芸術、手工業・・・ 
じかに触れて体験し、その良さを再発見しようというテーマ。

とくにホール1では発電所や上水、下水を管轄しているStadtwerkeが入り、環境に優しい水力発電や太陽熱発電について詳しく紹介している。環境重視するドイツだけあって、非常に興味深い内容になっている。

後は家族みんなが楽しめる車や自転車の展示、おいしい食べ物やショー、ファッションやアクセサリー、健康器具やキッチン、旅行と一日いても見て回れないくらい盛りだくさんの内容になっている!


こちらから見本市の様子を写真で見られます。
afa 2015

アウグスブルグのガイドと通訳はおまかせ下さい!

アウグスブルグ ガイド&通訳サービス

にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2015/04/08 07:12 [edit]

category: afa2015アウグスブルグ見本市

thread: ドイツ - janre: 海外情報

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top