Ruethenfestルーテンフェスト in Landsbergランツベルグ

夏の間ドイツでは毎週末どこかでお祭りがある
今日も暑かったのでMr.Tと湖で泳いで帰ってきたら、友だちがおもしろい祭りがあるから出て来いと言う

ロマンチック街道沿いの街、Landsbergランツベルグで4年に一回の大きな祭りがあって今週末が盛り上がるのだそうだ


l147.jpg

Ruethenfestルーテンフェスト この祭りの看板

Landsbergランツベルグはアウグスブルグからレヒ川沿いに南に40キロ下った所にあるとても素敵な街
車だと30分で行ける

078.jpg

旧市街へ入る美しく装飾された門。
やはりザルツブルグから塩を輸送する通り道になっていたランツベルグは、ここを通る塩商人に多大の税金を課していた。

l079.jpg

もう少し近くからのショット



やはり他のロマンチック街道沿いの街と同じように城壁に囲まれた帝国自由都市だった
そしてこの祭りの舞台はやはり30年戦争(1618年‐1648年)
スウェーデン軍がやってきてこの街を占拠した時の様子を再現している

まず最初に友だちが案内してくれたのはスウェーデン軍の基地

l081.jpg
 
青地に気入りの十字架、スウェーデン軍の旗


082.jpg

中世の衣装を着た子供たち。ここにいる大人たちは世話役で、この祭りの主役は子供たち。


l087.jpg

再現された当時の武器や道具


l089.jpg

このテントで祭りの間子供たちが寝泊まりしている

スウェーデン軍の基地を通り過ぎて、今度は市壁沿いに次の皇帝軍の基地へ向かった

l083 (8)

私の友だちは子供たちが小さかった頃、毎日ここを通ってようちえんに通っていたと話してくれた


l083 (10)

見張りの塔。


l083 (11)

通用門。ここランツベルグにももちろんディンケルスビュールと同じように夜警がいた。


l083 (17)

高台から見たランツベルグの景色


l083 (20)

魔女横丁をぬけて…


l083 (21)


l083 (19)

途中で見つけたマンホール。ランツベルグの市の紋章が!


l083 (25)

そして一番最初の門を抜けて出てきたのが、この広場。正面の美しい建物は市庁舎。


l083 (28)

市庁舎前で中世の音楽を奏でる人たち


l083 (29)

ランツベルグの教会広場


l083 (54)

皇帝軍に付いたランツベルグ軍の基地


l083 (49)

これからスウェーデン軍に奇襲をかけに行く準備をする軍隊


l083 (56)

基地の飼い葉用のほし草の上で遊ぶ可愛らしい子供

l083 (71)

まだちっとも観光化されてなくて、地元の人でにぎわっている


l083 (73)

お菓子のスタンド、お砂糖をからめたアーモンドを売っている


l083 (81)

ソーセージパンのスタンド


l083 (91)

薄暗くなってきた街。大道芸人。




19時過ぎから22時過ぎまで3時間。途中ビールを飲んだりしたものの、よく歩いた。
街が可愛らしいのはもちろん、お祭りがとっても楽しかった!

どうして4年に一回なの?と聞くと、準備期間が約2年、子供たちがダンスなんかを練習するのに2カ月。
大変なのでそうしょっちゅうはできないとの答えだった!


ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2015/07/25 08:27 [edit]

category: ランツベルグ

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 2

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top