Bad Wörishofenバード・ヴォーリスホフェン
おすすめレストランとカフェ



取っても暑い日だったので、ここにお住まいのアンナちゃんとJさんおススメのアイス屋さんへ


062_20150711021932de7.jpg

064_20150711021931f47.jpg

065_201507110219361d1.jpg

イタリア人がやっているジェラート屋さんでなかなかのお味でした!
クナイプの像が立ってる噴水からすぐ



次はメイン通りをハーブガーテンの方に行った突き当りを右に。
ハーブガーテンのてまえにあるミュンヘンの醸造所、レーベンブロイのビアガーテン。
喉の渇いた私たちはここで一服したのでした…

101_2015071102271399c.jpg

100_20150711021941424.jpg  098_201507110219322c5.jpg

木がこんもりと茂っていて、木陰が気持ちいいビアガーテン。右はスグリの炭酸割り。




夕食を取るために入ったクアハウス前のレストラン。夏はビアガーテンにもなる。
ここのお料理はクヌーデルもザワ‐クラウトも手づくりで、とても美味しかった。

110_2015071102290375e.jpg

ビアガーテン



113.jpg


皮つき豚のロースト。皮がカリカリ。コラーゲンたっぷり!



114_20150711022715cb6.jpg

ニシンの酢漬け?さっぱりとした味。



121_2015071102271953a.jpg

療養に来ているおばあちゃんたち。お友達同士だそう。Käsespätzleドイツ風パスタのチーズがけ



124_201507110227181f7.jpg

こちらも隣に座ってたおじいちゃん。煮こごりとチーズとハムのサラダ。








ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2015/07/15 08:24 [edit]

category: Bad Wörishofen クナイプ

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
清らかなアルプスの湧水であふれた水の街
Bad Wörishofenバード・ヴォーリスホフェン




アウグスブルグから南へ約60キロ、アルプスからもそう遠くない保養地 Bad Wörishofenバード・ヴォーリスホフェン
水が豊かで美しいKneippクナイプの郷。Badバードがつく場所は温泉がわく保養地おおい

002_201507110037341a6.jpg

Bad Wörishofenバード・ヴォーリスホフェンの駅




008_2015071100374731d.jpg
 
この辺りが中心地。インフォと後ろにコンサートなどが開かれるクアハウス




019_20150711003750931.jpg

オープンエアーの舞台。ここでも無料のコンサートが開かれる



039_2015071100561346b.jpg

街のメインストリートを流れる運河




046_20150710203151c09.jpg   049_2015071020314926a.jpg

クナイプさんの銅像が街の広場の中心にある噴水に立っている




023_20150711005551a04.jpg

031_20150711005611aea.jpg

026_20150710203144ee4.jpg   028_20150710203145a77.jpg

広場のすぐそばにはこんな足湯と腕湯ができる場所。こういうところが何か所もあり、全て無料
水温14°かなり冷たい。しびれるほど手足を冷やした後、温めることで血の循環がよくなる




014_2015071020312798a.jpg  066_2015071021021760a.jpg

街を歩いているとあちこちに噴水や水場がある




011_2015071100375708c.jpg

092_20150711020137b5c.jpg  

057_20150711020132ad2.jpg 094_2015071102014324b.jpg

こんな可愛らしい彫刻が、街のあちこちにさりげなくあるのが可愛い!
ブラブラお散歩するだけでも楽しいBad Wörishofenバードヴォーリスホーフェンの街…
車でたったの40分。お友達もできたことだし、これからはちょこちょこ行くことになりそう!





次はBad Wörishofenバードヴォーリスホーフェンのグルメ

つづく…





Bad Wörisghofenにご案内いたします!

↓       ↓       ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2015/07/14 08:36 [edit]

category: Bad Wörishofen クナイプ

thread: ドイツ生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 2
Sebastian Kneipp Museum クナイプ博物館
Klosterhof 1, 86825 Bad Wörishofen
開館:2月1日‐11月15日 火‐金 15時‐18時 (水は10時‐13時も開館)
   12月26日‐1月6日  火‐金 15時‐17時 (水は10時‐13時も開館)


この博物館はKneippクナイプさんが牧師から司教になり、務めていた修道院の一角を改装して作られました。
実際に彼はここで暮らしていたのです。

貧しかったからこそ、貧しい者の気持ちがわかる。
医者にかかれない人々を水治療や薬草、食事療法や運動を取り入れて指導しました。
その当時の道具やハーブ、彼の住居などが見られます。



これらの運動器具や水治療の道具はすべて当時のもの。およそ100年前。

078_20150710233446588.jpg  080_20150710233453834.jpg

100年前のスキーとテニスラケットと健康サンダル。この健康サンダルは履き心地に定評があって、今でも作られている。





081_201507102334541c1.jpg  082_2015071023345962c.jpg

当時の自転車とフィットネスの器具。この自転車… こぐの大変そう!





083_201507102334420b3.jpg

こちらはトイレではありません!水治療に使うたらいやホース。手前は腕湯、奥は足湯用。





084_201507110006560b3.jpg

大麦、小麦、ライムギ、ペースト麦など。
何を隠そう穀類を砕いたり押しつぶしたりして今あるMüsliミュ‐ズリを考案したのはクナイプさんです!
右奥に写真がすこしでてますね!


その他たくさんのハーブが薬草として水とともに用いられたり、軟膏にして塗ったり、お茶を入れて飲んだり、エッセンスを抽出して薬として飲んだり…  今でも同じ方法で治療が行われています。

その一部がお風呂に入れるバスグッズとしてドイツ中で売ってるわけですね!





075_20150711000645fe7.jpg  070_201507110006456ed.jpg

クナイプさんが生活していた居間。飼い犬と一緒の写真。犬好きだったんだ!!





kneipp museum 2  kneipp museum

博物館の入り口。



次回はBad Wörishofenバード・ヴォーリスホーフェンの街をご案内します!

つづく…





Bad Wörisghofenにご案内いたします!

↓       ↓       ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2015/07/13 08:58 [edit]

category: Bad Wörishofen クナイプ

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
ドイツ中のドラッグストアや薬局で売られているKneippのお風呂グッズやオイル。
質もいいし、お風呂に入れると確かに気持ちがいい。

お値段も高すぎず、お手頃。お土産にもってこいだ!

149_201507102005412c0.jpg

レモンオイル。肌に直接つけるとさわやか!オイルなのにさらさらでべとつかないし、しっとり。お気に入りです!



先日、このKneippクナイプが生まれた街に取材に行ってきました!

Kneippクナイプと言うのはある牧師さんの名前。
kneipp.jpg
Sebastian Kneippセバスチアン・クナイプは1821年に5人も子供がいるとても貧しい家に生まれました。
11歳の少年が朝から晩まで地下室に座って、はた織りの仕事をして手伝わなければ家族は食べていけないほどでした…

ギムナジウム(ドイツの進学校)に行って勉強をし、貧しい人たちを助けるために牧師になりたいと願っていましたが、家が火事で全焼。学費としてためていた70グルデンもなくなり、途方にくれていたところ、カプランの援助で23歳にしてはじめて学校に通うことがかないました。

そこで彼の運命を変える出来事が!結核にかかってしまうのです。
そしてある一冊の本に出会います。Dr.ジークムンドの書いた「すばらしい水の治癒力」という医学書でした。

その本に従い、ドナウ川の冷たい水に毎日ほんの数秒つかるということを毎日続けるうちに結核が治ったのです!そして彼は水の力を信じ、亡くなる直前までのこの習慣を続けたそうです。

ミュヘンで牧師の勉強をしながら、すでにこの頃病んだ学生たちの治療をしていました。

そして1852年に牧師としてBad Wörishofenバード・ヴォーリスホフェンにやって来たかれは、その後40年間病んだ人々を癒しながらここで暮らすことになるのです。


水、ハーブ、食事、適度な運動、精神と体のバランス

この5つのエレメントをもとに彼なりの治療法を編み出しました。それがクナイプ療法



ドイツでは療養はほとんどの場合無料

療養の診断書を医者にもらい、保険会社から許可が下りると保険がすべてカバーしてくれる。
後は症状や希望に合わせてプログラムが組まれる。Bad Wörishofenでは水を使ったものが多い
冷水、温水を交互に体にかける治療。ハーブ水につかる治療。

アウグスブルグから南に60キロ、Bad Wörishofenバード・ヴォーリスホフェンの街は今でもクナイプ療法を受けに休暇をとってやって来る人たちでいっぱいです。高級な保養地だけあって、とても美しい水の街。


次はクナイプ博物館をご紹介します!

つづく…




Bad Wörisghofenにご案内いたします!

↓       ↓       ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2015/07/11 08:09 [edit]

category: Bad Wörishofen クナイプ

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 2
ドイツ人は自然派志向。健康のために自然のものをうまく取り入れている。
ホメオパシー(類似療法)やバッチフラワー(Bachblühten)などもそうだけど、植物のエッセンスで病気やけがを改善する方法なんかもよく使うし、薬を飲まないでお茶を飲んだり、植物やハーブが大好きだ!

ま、難しい話はおいといて…
今日はそんな中でも、ハーブをたっぷり使ったKneippクナイプの製品をご紹介します!

いろいろなメーカーがいろんなものを出してるけど、Kneippクナイプは歴史があるし別格だ。
お値段も高くも安くもなく、それなのに質はとってもいい。


Kneippクナイプの発祥の地に行ってきたんです、わたくし!



どんなものがあるか、ちょっと見てみよう!

003_20150710055235e65.jpg

泡アワのお風呂。



008_201507100554559ba.jpg

ハーブエッセンスの入ったバスオイル。




016_20150710055453108.jpg

風邪の時にお風呂に入れるユーカリのオイル。




020_20150710055504549.jpg

こちら私のお気に入り。針葉樹の香りの塩。その名も森のおさんぽ


これを入れるとお風呂タイムがこんな感じに・・・


14364792510.jpeg


今はドイツじゅうで手に入るKneippクナイプ。
その歴史をさぐってきました!



つづく…





ホームページをリニューアルしました!
   ↓↓どうぞ、ごらんください!


アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2015/07/10 07:27 [edit]

category: Bad Wörishofen クナイプ

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 1

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top