ヴィーナスの神殿へ!

本当に何度もリンダーホフ城に来ているのに、上がったことがなかったんです!
城の前庭にあるヴィーナスの神殿へお客様に誘われて上がってみました

写真は上がるときに振り返りながら、リンダーホフ城を撮ったものです

201606051912287ae.jpg

まだ何段か階段を上がっただけなので、お城が近い!
フローラの噴水、上がるといいな・・・



20160605191235a44.jpg

ここまで上がる裏庭のカスケードと小さな緑の展望台が見えます
中央やや左の大きな木は樹齢300年の菩提樹



201606051912367a6.jpg

上がる途中にはこんなにきれいなバロック様式のお庭
これはちょっと前の写真なので、今頃はお花がいっぱい咲いてるはず!



2016060519123533f.jpg

6本のコリント式の柱に支えられるヴィーナスの神殿
思ったより楽に上がれました!10分あれば、上がれますよ~




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2016/06/23 07:42 [edit]

category: リンダーホフ城

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

Tue.

雪の中のリンダーホフ城  

リンダーホフ城
冬10時~16時 / 3月19日~10月15日 9時~18時
冬 7.5ユーロ / 夏 8.5ユーロ



お知らせ!
お城入場券で入れるヴィーナスの洞窟もその他の王の小屋も冬期はクローズ
すべてイースターの頃にオープンする予定です
詳しくはホームページでお確かめ下さい!
 リンダーホフ城オープン時間


ノイシュバンシュタイン城と違って車がないとアクセスしにくいのが難ですが、王が建てた3つの城の中で唯一完成を見たのがリンダーホフ城。プライベートの館として建てられたこの城には実際にルードヴィッヒ2世が8年も住みました。

コンパクトで一番生活感があります。
3つの中で、派手だけどここだったら住んでもいいかな?と!

フランスの絶対君主に捧げられたこの城はヴェルサイユ宮殿のプチトリアノンをモデルとしています
典型的な後期ドイツバロックとロココ様式の建物で、小さいながらも豪華絢爛

ノイシュバンシュタイン城とはまた一味違うこの城、もちろん必見です!


20160227057157a6.jpg

リンダーホフ城の前庭
まん中の木の屋根がかかっている部分は噴水
夏にはカスケードの水圧で30mの高さまで水が上がります



2016022705343410d.jpg

正面玄関
雪のせいか人気もなくて、とても静かでした

王様が逗留中はここにセーブルの孔雀が2羽置かれました
そうやって人嫌いの彼は自分の存在を知らせました

そうっとしておいて欲しいという無言のメッセージだったのです…




さて帰りに雪のオーバーアマガウに立ち寄りました!

201602270537175de.jpg

家々に描かれている可愛らしいフレスコ画で知られる小さな村

こちらは「赤ずきんちゃん」

他にもメルヘンをテーマにしたフレスコ画が色々あります



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス




↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!! height="425" />

2016/03/01 08:31 [edit]

category: リンダーホフ城

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top