Gieseinger Bräu
Martin-Luther-Str. 2 · 81539 München (089)55062184
月-木 11:00-23:00, 金土 11:00- 00:00, 日 10:00- 22:00.


クラフトビールの先駆け、ギージンガ-ブロイ
この醸造所のオーナーにインタビューしました!

クラフトビールというと小さな醸造所で手作りのビールを丹念に作っている
というのが一般的なイメージでしょうか・・・・

特に伝統を重んじるミュンヘンでは味もよく、人気があり、ミュンヘナ-が誇りを持って飲んでいる500年以上も続く伝統的な醸造所が6つもあるわけですから、そこに割り込もうなんて至難の業なのですが…

2014年に場所を移しその生産量が短い間に6倍になり、今では押しも押されぬ人気の醸造所となったギージンガ-ブロイ
今ではミュンヘンのクラフトビールの代表格となりました!


201608190452313e9.jpg

U2 Siberhornstrで降りて徒歩5分、赤い可愛らしい教会と隣り合わせです
ツタが絡まっていてGiesingerの文字が見えにくいですが、教会が目じるし


そしてまずはオーナーのMarxさんに醸造所を見せていただきました!

彼がビールを作り始めたきっかけというのがかなりいい加減で笑ってしまいました(ぷっ)!

最初は測量技師(地図を作る仕事)だったそうで、面白くないのでWeihenstephenの醸造所科の学生になったけれど、2セミスターでやめてしまい… 某醸造所でしばらく働いていた時に知り合ったBraumeister醸造マイスターと一緒にビールを造り始めたそう

そのうち二人の方向性が違うことに気づき…
10年前、見習いの醸造士を数人雇ってガレージで自分のビールを作り始めた

最初の数年は貧乏で大変だったと明るくお話ししてくださいました
未だにビールを造るライセンスがないので、コントロールはするけどビールは自分では造っていない!(笑)


20160819045815eea.jpg

素材はこだわっていてモルツもホップも全てこの辺りの物だけを使っています




201608190453525e8.jpg

こちらは麦汁を釜で煮て糖化させる作業
糖分が多いとアルコール度も強くなります




2016081904582984c.jpg

蓋を開けたままの釜でビールを発酵させています
毎日アルコール度と温度を測り…




2016081904582981e.jpg

上面発酵の特徴、急激に発酵が進み、イーストが炭酸ガスをたくさん出すため上にイーストが持ちあげられる




201608190458008c4.jpg

出来上がったビールはここで味が良くなるまで寝かされ、出荷の日を待つ
フルーティなとってもいい香り



そして2013年から2014年にかけてガレージから今の場所にお引っ越し
レストランも併設しています!


201608190454121b1.jpg

おしゃれなバーカウンターと




201608190454183a5.jpg

素敵なレストラン
ランプはビール瓶で出来ています


そして ダダーン
こちらはオーナーとっておきのEisbockアイスボック


20160819045419197.jpg

凍らせたビールを逆さまして、ビールの成分だけが融けだしてくる…
アルコールと水の融点(融ける温度)が違うためにこうなります




201608190452229e2.jpg

ビールとは思えないぎゅっと凝縮されたとろみのある液体、まるでブランデーみたい…




20160819045156cef.jpg

お客様は若者が多く、ドイツらしくビールを飲みながらカード遊びをしています
左がWeissbier白ビール、右がHellesヘレス

どちらも濁っていますね!そう、ここのビールはフィルターにかけていないNaturtrübなのです
まったりとして美味しいのですが、3ヶ月しかもたないという欠点があり、売れないと捨てることになるのでそれなりにリスクを伴いますが、それでもビールはどれもフィルターにかけられていません

いわゆる生ビールすね!

後で聞いてみたら、ただ単にフィルターを買うお金がなかったそうです(笑 思った通り!)
でもそれが今は人気の秘密になっていて、偶然が美味しいビールを生みだしたと言えそうです!





20160819045356a20.jpg

外にはビールケースがいっぱい、主にこの近所の人が買いに来るそうです
ミュンヘンとこの辺りにしか出荷してないので、まさ地ビール!




201608190452304b1.jpg

こうやって近所の人が一人また一人とケース単位で買いに来ます

年間11,000ヘクターリットル生産しているそう
今の3倍の量でも売れるけれど質が大事なので大量生産はしないんだそうです





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2016/08/25 07:54 [edit]

category: ミュンヘンのビール

thread: ビール - janre: グルメ

tb: --   cm: 0
Tap House - Camba Bavaria
Rosenheimerstrasse 108 · 81669 München
日-水 17時~1時 / 木~土17時~2時 



2年前にオープンしたばかりのクラフトビール・バー

この店には200種類以上のビールが置かれています!



2016072500490477b.jpg

どれもオーナーが自ら選んだものばかり
中には個人ブリュワリーのビールまであります




20160725004901abf.jpg

店は長いカウンターとたくさんの小さめのテーブル
奥の冷蔵庫には冷えたビールが…




2016072500490554c.jpg

お客さんはビールにこだわりを持っている人が多く
店に来る人はビールに詳しい人ばかり

ウェイターさんたちもビール醸造科の学生、ビールのソムリエ、ただ単にビールが大好きで詳しい人など若い素敵なウェイターさんが一緒に好みのビールを選んでくれます!




20160725004849803.jpg

私に出してくれたのはホップをふんだんに使ったPale Ale
この店を始めるきっかけになったGamba Bavariaッ醸造所ご自慢の夏ビール

グラスを顔に近づけると梨のようなブドウのような爽やかでフルーティーな香りの夏限定ビール

材料にも醸造にもこだわりを持っているクラフトビールならではですね~  
お味も香りに負けず劣らずフルーティーでクセになりそうな美味しいビールです!





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/08/15 07:49 [edit]

category: ミュンヘンのビール

thread: ビール - janre: グルメ

tb: --   cm: 0
Hofbräuhaus ホフブロイハウス
Am Platzl.9 毎日9時半から23時半まで

ミュンヘンのビアホールには常連さんがたくさんいます
ホフブロイハウスには現在3500人の常連がいて、グループごとにテーブルを持っています

全部で120ある常連さんのテーブル(Stammtisch)
来る曜日が決まっていて、彼らがいつ来ても座れるように空けてあります


2016072501413981b.jpg

16時、予約 Stammtisch というのが置いてあるテーブルは空いていても座れません!

どうやったら常連になれるの?
①まず3年ほど通い続けて店に人や他の常連さんと顔見知りになる
②他の常連さんから推薦してもらう
③店に申請書を出す
④審査に通ったら、常連の身分証明書がもらえる

お金をどんなに積んでももらえる代物ではないのです!
だからここの常連である事はミュンヘンナ-(ミュンヘン人)の誇りなのです!!


陽気で人懐っこいミュンヘナ-
「写真一緒にお願いします!」なんて言うと大喜びです!


20160725014144d62.jpg

こちらはもう30年も毎週金曜日の16時集まっている常連さんたち
毎回このようにきっちりと民族衣装を身につけて、マス(1ℓのビール)を2杯飲みに来るそうです

後ろのロッカーは常連さんたちがジョッキを預けておくロッカー
年間3ユーロで借りられるのですが、常にいっぱいでウェイティングリスト…
毎年2、3湖の割合で空きが出るそうです

そう誰かが亡くなって初めて順番がまわって来るという感じなのです
その中でも60年以上通い続けたフランツさん
3年ほど前に亡くなりましたが、名誉な常連として彼のジョッキはまだロッカーに置いてあります
写真ノ3人の方々が教えてくれました



2016072501414863d.jpg

常連さんはビールを飲むのにお金を払うなんて野暮な事はしません!
一枚約8ユーロの価値のあるこのコインと交換でビールを飲みます

私が話を聞いている間も始終ワハハと豪快に笑いながら冗談を言い合う3人
ほんとにぎやかでいいお酒です




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/08/11 07:55 [edit]

category: ミュンヘンのビール

thread: ビール - janre: グルメ

tb: --   cm: 0
Augustinerkeller
Arnulfstr. 52, 80335 München 毎日:10時~夜1時まで

この季節になるとミュンヘンの人たちはビアガーテンでビールを飲むのが習慣
特にHellesヘレスの味に定評のあるAugustinerアウグスティーナ‐ビアガーテンは大盛況です

Augustinerアウグスティーナ‐はミュンヘンにあり6つの醸造所の中で一番歴史が古く
一番人気があります!

創業1328年、伝統を非常に重んじるこの醸造所は宣伝は一切しない
質か落ちる事を嫌って輸出は一切していません


という事はミュンヘンかその近くでしか飲めないという事でもあります!


2016072501020330f.jpg

マロニエの植わっている涼しげなビアガーテン
実はここの地下で夏の間氷と共に保存していたビール一杯また一杯都会に来る客のためにイスとテーブルを出し、夏になると暑いのでこんもりと茂って涼しい影を作ってくれるマロニエが植えられたのが1807年ごろ

世界で初めて生まれたビアガーテン!

そう、ここがビアガーテン発祥の店なのです!



201607250102014d7.jpg

当時はビールしかなかったのでお客さんたちは自分で食べ物を持ってきてビールを飲んでいました
その名残でミュンヘンでは今でも食べ物の持ちこみがOK

その代わりビールも自分で買いに行くセルフサービス!
緑の看板には左がウエィターがサービスしてくれる席、右はセルフサービスと書いてあります



201607250100459a3.jpg

セルフサービスの席に着いたらこのカウンターで食べ物や飲み物を買います
ちなみにこのテーブルは常連さんが持ちこんだもの

全部で5000席あるこのビアガーテン
常連のテーブルが140あって、そのうちの89こは常連さんが持ちこんだもの
中には2万ユーロもするテーブルもあります!

テーブルを見て歩くだけでも見応えがあります!



20160725010147183.jpg

さぁ、冷たく冷えたHellesヘレス!喉越し爽やか、あと味すっきり!
ミュンヘンに来たからには飲まないといけません!



2016072501003852e.jpg

カルテスエッセン(冷たい食事)
ドイツではハムやチーズ、切った野菜とパンだけの食事をそう呼びます



20160725010036031.jpg

子豚、鴨、ソーセージなどのバイエルンの肉料理のもりあわせ



20160725010026f1d.jpg

シュニッツェル バターで揚げた仔牛のカツレツ
バターの風味がして柔らかくてなかなかいいお味です



20160725010033e55.jpg

そして〆はアップルシュトゥルーデル 生地がパイではなくて食べやすい
バニラのいい香りが漂います

普通ビアガーテンというとお料理がイマイチ…という所が多いですが、Augusutinerkellerはお料理もおいしくて、サービスも良し!

お勧めできるビアガーテンです!
ミュンヘン中央駅から近いというのも嬉しいですね!


ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/07/30 08:02 [edit]

category: ミュンヘンのビール

thread: ビール - janre: グルメ

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top