Sielenbach 自然エネルギー村(Bioenergiedorf)


人口1700人、エネルギー自給率457%
これが何を意味するか?この村と同じ規模の村4つ分の電力と熱を供給できるという事です

2012年には風力発電も導入したため、今年の数字はまだ出ていませんが自給率600%を上回る予定だそうです

しかもこの村の電力と熱はすべて自然エネルギー(再生可能エネルギー)で賄われています

Sielenbachはアウグスブルグから車で20分、ミュンヘンから30分の森の緑と牧草地が美しい村で、約10年前から自然エネルギーへのシフトを始めました

一軒の酪農農家がバイオマスの廃熱を上手く利用できないだろうかと提案したのがきっかけとなりました
今では暖房に灯油を使う家庭は無くなり、この村では年間125,000リットルのオイルを節約しています


201609160238281dd.jpg

Sielenbah村の管轄下にある3km先にあるTödtenriedのバイオガスの施設
燃料は木材チップ、とうもろこし、牧草、牛や豚の肥え




20160916023729833.jpg

牛や豚の肥えはバイオガス施設とともに住宅地からは少し離れたところにあります
けっこうな量があるのですが、臭いは思ったほど気になりません




20160916023833fd2.jpg

木材チップをつくるために木材を小さく砕く機械




20160916023816d5e.jpg

そして今日はとうもろこしの収穫4日目!
このサイズのトラクター10台で、 5日かけて広大な土地に植えられているトウモロコシを収穫します

右後ろの塔は動物の飼料用のトウモロコシを貯蔵するためのものです




20160916023706ccc.jpg

トラクターが2台、右側のトラクターの重量を量っているところ(アスファルトに線がついているところで)
ちょうど休憩中で、トラクターから降りた男性たちが奥様方が用意して手作りのケーキとコーヒーを楽しんでいるところです




20160916023729a37.jpg

そしてこれが3日半で収穫したとうもろこしの山!
トラクターと比較すると、その量が想像できるかと一緒に撮影しました

後1日半残っていますから、この山はもっと大きくなる予定です!
これがこの村の1年分のバイオガスの燃料になります




2016091602374248c.jpg

山の裾の方に行って近づいてみました
今日収穫したばかりのとうもろこしはまだきれいな黄色をしています

ちょうど左のトラクターが積み荷を下ろしているところで、右の2台は下ろし終わって畑に戻るところです




20160916023743e5e.jpg

近寄って見てみるととうもろこしの実だけではなく、茎や葉っぱも一緒に細かく粉砕されています




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2016/09/20 07:22 [edit]

category: 自然エネルギー

thread: ドイツ生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top