NSドキュメントセンター
Brienner Str. 34 · 80333 München
10時-19時 ㈪休み / 無料オーディオガイド ドイツと英語とその他 日本語なし


ミュンヘンでナチス党が結成され、秘密警察の本部が置かれていたため、たくさんの資料が残っています。そして数年前にこのセンターが開設されて、写真だけでも見ごたえのあるものになりました。

ドイツ人にとって恥ずべき過去ですが、同じ過ちを2度と犯さないためにも敢えて公開しています。

20170522191934027.jpg

カローリネン広場と王の広場の間のBrienner通り沿いにある現代的な建物。
ここには戦前、Braunes Haus(茶色の家)が建っていました。
国家社会主義ドイツ労働党NSDAPの本部が置かれていた場所です。



201705250622594c4.jpg

入り口に書かれているのは…
「ナチスの歴史から学び、記憶に残すための場所」



20170525062750335.jpg

3階から順に下に降りて行くシステムになっています。
資料を見ながらナチス政権について順番に学ぶことができるようになっています。



20170522191934cc0.jpg

まだ政治家になる前のヒトラーの講演に集まる人々。
聴きに来ているのは身なりのいい上流階級の人々が目立ちます。



201705221919033f3.jpg

その演説を聞くと誰もが虜になったというヒトラーの演説中の動き。
微妙に声の高さを変えたり、間を置いたり、沈黙したり、急に声を荒げたり…
次第に支持者を増やしつつあった時代。



201705221919182d4.jpg

1923年11月9日、マリーエン広場。
ヒトラーが当時の政権をひっくり返そうとしたミュンヘン一揆は失敗に終わり…



201705221919301d1.jpg

自転車をこぎながら、右手をあげる夫人。

銃撃戦になったオデオン広場で、ナチス党員のための慰霊碑が将軍堂に建てられ、その前を通る人は必ず「ハイル・ヒトラー」と言い右手をあげることを義務付けられていました。




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/05/27 08:00 [edit]

category: ナチス

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 2
Kaminzimmer

1938年3月29日~30日。
ピナコテークのそばにある第3帝国様式の建物でミュンヘン会議が行われました。

この建物の2階でイギリス、フランス、イタリアの首相が集まり、ドイツはチェコのズデーデン地方をもらう代わりにこれ以上侵攻するのをやめるという約束をしたのでした。そして翌年その約束を反故にして1939年9月1日ポーランドに侵攻。ここに第2次世界大戦が勃発しました。


20170518035420b93.jpg

バルコニーの真ん中の窓のある部屋がミュンヘン会議の行われた部屋。



20170518035126454.jpg

現在はハーケンクロイツのついたナチスの鷲は外され、音楽大学になっています。



20170518035127598.jpg

建物の中は外から想像するよりずっと立派です。
真ん中にある大理石の階段を上がって2階へ…



201705180351275cd.jpg

そしてこの部屋がKaminzimmer(暖炉の部屋)。
この部屋に4国の首脳が集まり、話し合いがなされました。



20170518035130fc8.jpg

ここで生徒たちがピアノのレッスンを受けたり、講義を聴いたりしているわけですが…
ピアノの後ろの暖炉… この暖炉から暖炉の部屋と言われていたのですね。

いつもツーリストの皆さんにこの辺りを通るとこういう説明をするのですが、
あらためて中に入ってみると感慨深いものがありました…


注意: 大学ですので、観光目的で入ることはできません。



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/05/25 07:54 [edit]

category: ナチス

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 2
MLU マクシミリアン・ルードヴィッヒ大学

Ludwigルードヴィッヒ通りにある総合大学。
たくさんの学生たちが行き来する活気のある界隈です。

ショル兄妹もこの大学に通う普通の大学生でした。
衛生部隊に所属し東ヨーロッパの前線に出向いたハンス・ショルは
殺戮を見てヒトラー政権にますます強く反対するようなり…

命の危険をかえりみず、友人たちと大学構内で何度もビラをまきました。
その数9000あまり…


20170512203257e00.jpg

左からハンス・ショル、ゾフィー・ショル、クリストフ・プロブスト
秘密警察に逮捕され、4日後の1943年2月22日に処刑されたのです。


20170512203339ed4.jpg

大学の前には2つ噴水がありますが西側は二人の兄妹にちなんで
ショル兄妹広場と呼ばれています。




20170512203334413.jpg

大学の入り口の前の石畳に彼らがまいたのと同じビラのタイルが…



201705122033263e5.jpg

彼らも何度も通った立派な大理石の玄関。
ここには勇敢な兄妹の記念碑がおかれています。



2017051220331563b.jpg

妹のゾフィー・ショル
意思を貫き、決して命乞いしなかったそうです。



20170512203412533.jpg

白バラのメンバーを悼む記念碑。
常に白いバラが供えられています。





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/05/19 07:58 [edit]

category: ナチス

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 2
勇敢なショル兄弟 ゾフィーとハンス

第2次世界大戦下、たくさんの尊い命がいとも簡単に犠牲になりました

3人のミュンヘン大学の学生もヒトラーを批判するビラを大学構内でまいたためにゲシュタポ(秘密警察)に捕まりました


20161017045952df1.jpg

写真中央がゾフィー・ショル、右側が兄のハンス・ショル

Weiße Rose 白バラのメンバーだった彼らは命乞いをしようともせず、最後まで気丈にナチスのやり方は間違っているという主張を貫き通したのです

逮捕から4日後の1943年2月22日、裁判にかけられた彼らは弁解をすることもなく、当時でも異例な早さでその日のうちに死刑が執行されました

ずっと行方が分からなくなっていたショル兄弟の処刑に使われたギロチンが数年前にみつかりました

たくさんの犠牲者の血を吸ったギロチンはバイエルン・ナショナル博物館に展示されています



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/11/25 08:01 [edit]

category: ナチス

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
燃え続ける慰霊の炎

オデオン広場からすぐのBrienner通りの一角にゲシュタポ(秘密警察)の本拠地がありました

そのすぐ側で燃え続ける炎
ナチス政権下で犠牲になった人々を忘れてはいけないと…

その対象になったのはヒトラーに反対した人々や、ヒトラーが生きる価値が無いと判断した人々でした


20161017050018c0d.jpg

ユダヤ人だけで約600万人、それ以外にもたくさんの反社会主義者、聖職者、同性愛者、障害者が犠牲になったのです




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/11/23 03:15 [edit]

category: ナチス

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top