マリーエンベルグ要塞からの眺め

世界遺産に登録されているレジデンツが出来るまで
ヴュルツブルク司教たちはマリーエン要塞に住んでいました。

司教と市民はずっと敵対関係にあったので
身を守るための要塞を建てて住んでいたわけです。

20170808193906e9a.jpg

アルテ・マイン橋からの眺め
左手上方にマリーエンベルグ要塞。

橋を渡って歩いて登ることも出来ますが
この日はとにかく暑かった…




20170808184611947.jpg

ここまで車で上がっちゃいました!




201708081415356df.jpg

こんな石造りの城の壁のトンネルを抜けて…




201708081844171c3.jpg

坂道をてくてく歩いて行きます。
Mr.Tもまたリード無しでブラブラ。




201708081846307b3.jpg

途中にマイン・フランケン博物館。
ティルマン・リーメンシュナイダーの作品が沢山展示されてます。




2017080819082031f.jpg

何度目かの門をくぐって…




2017080814270211b.jpg

展望台の方へ。
なんだか天国の階段上ってるみたいです。




20170808190820c9a.jpg

お城の壁越しに見える旧市街とマイン川。



20170808184544239.jpg

司教は毎日こんな景色を見ながら暮らしてたんですね。
下に住んでいる市民たちを警戒しつつ…

アルテ・マイン橋が良く見えます。
さっきマリーエン要塞を眺めたあの橋。

右奥の丸井クーポラがノイミュンスター教会
とんがり屋根がキリアン大聖堂。




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/08/10 08:00 [edit]

category: ヴュルツブルク

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 3
Walther von der Vogelweide
ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ

ノイミュンスター教会の中庭

ヴァルター・フォン・デア・フォーゲルヴァイデ

彼の名前をノイシュバンシュタイン城見学中に
聞いたことを記憶している方も多いのでは?

ルードヴィッヒ2世の更衣室の壁に
この詩人の絵が描かれていますね!

彼については謎の部分が多く、
どこで生まれたかさえ分かっていません。

が、お墓がヴュルツブルクにあるんですね~。


20170728071531d96.jpg

ヴュルツブルク近郊で切り出される赤色砂岩が美しい
ノイミュンスター教会の裏にひっそりと中庭があります。




2017072806134545d.jpg

この入り口から中に入るとそこは別世界!





20170728061346083.jpg

こんな素敵な中庭で一休み。
壁の一部は戦争でも壊されなかったので当時のまま。




201707280613177cc.jpg

そして上を見上げるとノイミュンスターのクーポラ。



20170728061340dbc.jpg

そんな静かな心落ち着く場所に
13Cの吟遊詩人は眠っています。

彼が書いたロマンチックな数々の恋愛物語は
ルードヴィッヒ2世をはじめ、人々を魅了しました。


20170807214050b84.jpg

あらっ、こんな所にMr.T!?




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/08/06 08:00 [edit]

category: ヴュルツブルク

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0
Restaurant & Weinhaus Stachel
Gressengasse 1, 97070 Würzburg
(月)休み、(火)-(土)11時半-0時、(日)11時半-16時


フランケン地方のワインはライン川沿いのそれに比べると
地質の影響で力強い男性的なワインだと言われます。

「どうもよそのワインは口に合わない
ヴュルツブルクのワインを数本送ってほしい…」
ゲーテは妻にこんな手紙を送っています。

ま、そんな事はさておき…
バイエルンでビールを飲む人々をみなれている私。

街中で噴水の縁やベンチに座って
ビアジョッキではなくワイングラスを傾ける人々…


しかも朝から!!

これはなかなか手強い!



20170802045944c10.jpg

マルクト広場のすぐそばの路地にこんな看板
「うちにはワイン、ワイン、ワインがあるよ
それから食べ物と気のいい人たちがいるよ。」


201708020504034ea.jpg

門の前のワイン樽2つとナイフフォークが目印
ここがワインを飲ませるヴュルツブルクで一番古い店!



20170802050033d3e.jpg

昼前だけど結構人が入ってます。




2017080205035689d.jpg

建物の間にある中庭はつる植物が茂っていて
とっても涼し気~

奥の階段をトントントンと上がると…



20170802050342f4f.jpg

こんな素敵なテラス♡

ワイン一杯だけでも飲みに来る価値ありっ!




20170802050029106.jpg

雨の日や肌寒いは中でお食事が出来ます。
今晩のディナーの準備でしょうか。
すでにテーブルがセットされていました!



20170802050015150.jpg

そしてきっとたくさんあるワインの中から
とっておきの一杯を楽しむんですね!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/08/02 08:00 [edit]

category: ヴュルツブルク

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0
ビュルガー・シュピタール
Theaterstraße 19, 97070 Würzburg
毎日10時~24時オープン


食事もワインも★★★★
お勧めです!

ビュルツブルグと言えばフランケンワインで知られますが
3つあるセラーのうちの一つビュルガーシュピタールで
お昼をいただく事にしました!

201707280755315c8.jpg

外から見るとなんという事もない建物ですが、
ここは700年の歴史のある老人ホーム



20170728075608043.jpg

そして700年の歴史のあるワインセラーが併設されていて、
とても美味しいワインとお料理が楽しめるようになっています!

お天気もよく気持ちのいい日には
中庭でワインを片手にお食事を楽しむのがビュルツブルグ風

後ろの立派な建物が老人ホームです。
ホームの住人は一日に一杯、無料でワインを飲めます!



20170728075602d14.jpg

フランケンワイン独特の辛口でいい香りのする
シルバーナーを楽しみました。




201707280756008ac.jpg

ビュルツブルグのソーセージは脂身が少ないのか
味も歯ごたえもしっかりしていて、とっても美味しかった!

ニュルンベルガーよりも美味しく感じました。



20170728075555685.jpg

お天気の悪い日もロマネスク様式の素敵な内装の
レストランでゆっくりと食事が楽しめます!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/08/01 08:00 [edit]

category: ヴュルツブルク

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 2
聖人の遺体が見つかった場所に
建てられた教会ノイミュンスター


守護聖人はアイルランドからやってきた宣教師キリアン。
まだキリスト教徒に抵抗があった時代でした。

当時の領主の妻に暗殺され馬小屋の下に埋葬されますが、
馬の様子がおかしいので掘り返してみると3体の遺体が…
宣教師キリアンと彼の従者コロナトゥスとトートナンでした。


20170728071531d96.jpg

3人の遺体の見つかった場所に建てられたのが
ノイミュンスター教会。

赤色砂岩を使ったファサードが目を引く
美しいバロック様式の教会です。



20170728072520904.jpg

祭壇の前の3人は
左からコロナトゥス、聖キリアン、トートナン。

教会の地下の墓所には3人の下半身が葬られています。
上半身の場所はまた別の記事で!



20170728072536a1b.jpg

クーポラの天井には聖人たちの集まる様子が…



20170728072536439.jpg

この街ヴュルツブルクに住んだ
ティルマン・リーメンシュナイダー
こんなに美しい聖母子を残しています。
木を好む彼には珍しく、素材は砂岩です。

布のしわの様子までが生き生きとしている
彼らしい作品です!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/07/30 07:20 [edit]

category: ヴュルツブルク

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top