Augsburger Plärrer アウグスブルガープレーラー
Plärrergelände,86153 Augsburg   期間: 4月5日~4月19日
(月)~(木) 12時‐23時、(金)12時–23時半、(土)10時半‐23時半、(日)と祝日10時‐23時


アウグスブルグ恒例、年に2回のビール祭り。春の祭りが4月5日に始まる。規模は小さくても、オクトーバーフェストのあの雰囲気は十分楽しめる。移動遊園地にBierzeltビール会社のテントが立ち、お天気のいい日も悪い日もおおにぎわい。
この祭りには1000年以上の歴史があって、アウグスブルグ市民も周辺の街の人たちも毎年楽しみにしている。ちょうど復活祭で子供たちも学校が2週間休みなのと、祭日も途中2日あるので昼間は家族連れでいっぱい。春だけで、60万人以上の人が訪れる。

昔の温泉街にあったような射的やくじ引きのような古典的なゲームから小さいジェットコースターやお化け屋敷(全然怖くない)、ゴーカートやメリーゴーランド、ポニーにも乗れる。ドイツのお菓子、ローストして砂糖をからめたアーモンドやレブクーヘン、クレープやワッフル、チョコレートでコーティングされたフルーツ。

是非試してもらいたいのがBosnaボスナ。白パンに焼いたソーセージとマスタード、タマネギを挟んでスパイスをかけたもの。
これはもともとザルツブルグで食べ始められたらしいが、いまではアウグスブルグの名物。よそでは食べられない!
そしてSteckerlfisch鯖の丸ごと串焼き。お醤油とアツアツのご飯が欲しくなってしまう!


こちらのサイトからもお祭りの写真が見られます。
アウグスブルグプレーラー


IMG_1340.jpg
Bierzeltテントの中の様子。いろんな人種が集まる。予約をしてなくても、空いてる席に割り込んで座る!


Hasen Bräuハーゼンブロイ 、Thorbräuトアブロイ、 Brauhaus Riegeleブラウハウス・リーゲレの3つのビール醸造所が4つのテントを立てている。(トアブロイx2)



IMG_1280.jpg
Maßマス(1リットルのジョッキ)を10個もつウエィトレス。たくさんジョッキを持ってビール注文の回転が速くなるほど、チップがたくさんもらえる。ちなみに今年のビール祭りの1リットルジョッキのお値段は8ユーロ40セント。



IMG_1230.jpg
恰幅のいいおばさんがブレッツエルを売りに回って来る。テントのビールは少々アルコールが強めなので、何か胃に入れないとすぐに酔っぱらってしまう!もちろんブレッツエル意外にもテントの中ではチキンの丸焼き(半分)やソーセージ、シュバイネブラーテンなどなどバイエルンの郷土料理のほとんどが食べられる。



032.jpg
夜はこんな雰囲気。


追記:ドイツのアルコール法
ドイツでは親の許しがあれば(もちろん親も同伴)14歳からビール、ワイン、スパークリングワインなどの軽いアルコール飲料を飲んでも罰せられない。16歳になると合法的に認められ、親無しでも上記のアルコールは身分証明書さえあれば自分で買える。そして18歳になるとウィスキーもウオッカもシュナップスとよばれる強い蒸留酒も飲める。
もともと水よりビールが安い国ドイツだからね!そういう訳なので、子供っぽい子たちがビール飲んでても、驚かないで!


こちらもごらんください!
ただいまアウグスブルガープレーラーを楽しむツアー参加者、受付中!!
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス


追記
さてさてアウグスブルグのビール祭りのオープニングまで後4日。
オクトーバーフェストにより規模は小さいけれど、雰囲気は最高!ぜひ遊びに来て下さい。


いくつか新しい情報を追加します!


①まず、毎週水曜日はファミリーデイ乗り物が全部半額!それ以外にもお店でいろんな特典があるそう。

4月9日木曜日は民族衣装の日。
男性は皮の半ズボンとシャツでそんなに大差はないけれど、女性の民族衣装Dirndlはカラフルなものからシックなもの。
今風のものから田舎娘風のものまで女性の衣装を見て歩くだけでも楽しい!自分で着ると100倍楽しい!!
ご希望の方は送迎付きで民族衣装Dirndlの貸し出しをしています。
詳しくはこちらをご覧ください!
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス

③そして毎週金曜日の夜22時半から花火。

どのビールテントでも18時くらいからバンドがフォルクスミュージックの演奏があります。






スポンサーサイト

2015/03/31 23:05 [edit]

category: ビール祭りAugsburger Plärrer

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
アリアンツアレナはもちろん街中にもたくさんバイエルンミュンヘンのショップはあるけれど、時間が足りなくて行けなかったというあなた!何しろサッカーはドイツの国技ですから。ミュンヘン国際空港にも、ちゃんとバイエルンミュンヘンのショップはあります!内容もなかなか充実してますよ。



004.jpg
ここはターミナル1と2の間にある広場。写真の右、エスカレータの後ろにある入り口から入ってすぐ左手。



021_20150327060344993.jpg
空港直営の醸造所でつくられたビールを出すAIR BRÄUエアーブロイのお向かい。ターミナル1の到着階。



024.jpg
ホームのユニフォーム



025.jpg
アウェイのユニフォーム



023.jpg
キャップや応援用のマフラー、ぬいぐるみ、サイン入りのボールや文房具なども売ってる


見るだけでもけっこう楽しいので、是非のぞいてみてくださいね!


市内観光や通訳、空港送迎のサービスをしています
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス




2015/03/31 06:59 [edit]

category: ミュンヘン空港

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

Sun.

Butterbrezeブターブレッツェ  

これを果たして料理と呼べるのだろうか!いやいや、ブレッツェを半分に切ってバターがはさんであるだけ。
でもこれがどんな手の込んだ料理より美味しくて・・・・  この素朴な味わい。

ブレッツェを手に持たせると泣く子もだまる!よくバギーにのった小さい赤ちゃんがブレッツェをしゃぶってるのを見かける。
何を隠そう私は4年もパン屋で働いていた。毎日このブレッツェとゼンメルを焼いていたのだ。
小さい子が来た時用にいつもいくつか塩無しを置いていた。生地をオーブンに入れてしばらくたってからパラパラと塩をかける。少しでも遅くなるとこの塩がくっつかなくなる。美味しいパンのいい香りに包まれて、楽しかったな~。

そう、ブレッツェは回転の速い店だと2時間おきぐらいに焼いてるので、出来れば焼きたてのもひとつ食べてもらいたいな!
ブターブレッツェは熱々だとバターがとけてしまうので冷蔵のケースに入れてあることが多い。
長く置きっぱなしになってるのは独特のツヤがなかったり、乾燥してブレッツェが開き気味になってたりするので気を付けて!


015_20150328232526610.jpg
ブレッツェの独特の香り。これはLaugeの香り。Laugeとは水酸化ナトリウム。生地をLauge水酸化ナトリウム液にくぐらせて焼くと独特の風味とツヤのある茶色い焼き上がりになる。焼く前に岩塩をパラパラとかける。


アウグスブルグの街中だと市庁舎とMoritzplatzモーリッツプラッツの間にWOLFが。
Moritzplatzモーリッツプラッツの少し先にIHLEというパン屋がある。



アウグスブルグの観光と通訳はおまかせください!
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス




2015/03/29 09:21 [edit]

category: ドイツ料理

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0
Weißwurstヴァイスブルストとは白ソーセージのこと。白ソーセージというとミュンヘンの名物だと思われがちだが、ここアウグスブルグとミュンヘンで作られた白ソーセージのみがオリジナルと認められている。ですから、アウグスブルグでも美味しい白ソーセージが食べられるんですよ!塩分ひかえめ、ふわふわ、ハーブやスパイスはしっかりきいているのにアッサリしているので、何本でも食べられちゃいます!

燻さないので他のソーセージに比べて傷みやすい。そのためお肉屋さんは毎日新鮮な白ソーセージを作る。夕方まで待つと味が落ちてしまうのでだいたい午前中に食べるのが習わし。「白ソーセージは教会の正午の鐘を聞かない」というおもしろいことわざがあるくらいです。と言っても朝ごはんじゃなくて、9時か10時ごろから朝ごはんと昼ごはんの間のスナック感覚で食べてます。ドイツ人は朝が早いですからね!早い人だと6時くらいから働いてるので、朝5時に朝ごはんを食べたとして後9時ぐらいには小腹がすいて、軽くサンドウィッチをつまんだり白ソーセージを食べたり。



004_20150328194547573.jpg
なめらかに挽いた仔牛肉に豚の背脂、パセリ、レモン、たまねぎなどのハーブやスパイスを入れ腸詰にする。
肉屋ごとに代々つたわるレシピがあって少しずつ味が違う。だからそれぞれが好みの肉屋で買い物する。
温度が高すぎると破裂するので、約70度で10分ほどゆでる。



013_20150328194142cde.jpg
白ソーセージには甘いマスタード。



001_20150328194126198.jpg
そして塩のきいたブレッツェ



009_20150328194138309.jpg
ソーセージは皮をむいて甘いマスタードを付けて食べる。アウグスブルグでは木曜日の午前中に白ソーセージを食べる習慣がある。レストランよりは肉屋の店先でWeißbierヴァイスビア白ビールとともに食されることが多い。


アウグスブルグで白ソーセージが食べられるレストラン


Bayerisches Haus am Dom 大聖堂の近く    
http://www.bayerischeshaus.de/index.php
 
Zeughausstuben  モーリッツプラッツの裏    
http://www.zweibayernkueche.de/

Brauhaus 1516 アウグスブルグ中央駅     
http://brauhaus1516-augsburg.de/


アウグスブルグ観光と通訳はおまかせください!
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス  





2015/03/28 20:25 [edit]

category: ドイツ料理

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0
さてさて・・・  昨日、今日とお客様をミュンヘン国際空港に送って来ました。
国際線の場合、2時間前にチェックイン。登場するまでの時間、何をしようかなというあなたにおススメは・・・

とりあえずZentral、中央を意味する「Z」の看板に従って、この広場のあたりまで行こう!ここはターミナル1と2の間にある広場。ほとんどのショップはターミナル1の方にある。前回紹介したRIMOWAのスーツケースが売ってるWORLD SHOPはルフトハンザの入ってるターミナル2。

ターミナル1から飛行機に乗る人、搭乗口によってはかなり歩くので乗り遅れないように気を付けて!

旅行中できるようでできないのがスーパーでの買い物。スーパーは安価でしかもその土地独特のお菓子やグッズがいっぱい。みんなのおみやげ、全部買った?まだの人はここで最後のあがき!ミュンヘンの空港内にあるスーパーEDEKAに入ってみよう。もちろん街中にあるスーパーに比べて割高だけど、ドイツの子供たちも大好きなチョコやグミがたくさんある。

ターミナル2の到着階にもEDEKAのスーパーとパン屋さんがあります。到着された方は出てすぐ。
ターミナル2から出発される方は出発階から下に一つ降りると到着階なので、ここの方が近い。


004.jpg
黄色い看板が目印。ターミナル1と2の間をつなぐこの広場があって、スーパーはターミナル1に入ってすぐ左側。
クレジットカードもOK。エスカレーター後ろがターミナル1への入り口。


013_2015032706325979a.jpg
スーパーの入り口横にはパン屋もある。
時間のある人はバイエルンの味、バター入りのブレッツェButterbrezeも食べてみよう。



003_201503270601304d9.jpg
そしてターミナル1に入って右側がAIR BRÄUがエアー・ブロイ。写真に写ってる外の部分は暖かくなるともちろんビアガーデンになる。ブロイはもちろんビールの醸造所のこと。空港でしか飲めない空港で醸造されてるビール。



ただいまバイエルンの民族衣装を着てアウグスブルグのビール祭りに行こう!ツアー参加者募集中。
こちらのブログもごらんください!
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス





2015/03/27 06:45 [edit]

category: ミュンヘン空港

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top