Markthalleマルクトハレ
Kornmarkt Füssen 
月-木 8時-18時半、 金 8時-20時、 土 8時-15時、 日と祝日 休み


フュッセンにある小さな広場、コーンマルクトでは昔穀物を売っていました
その穀物を貯蔵していた穀物倉庫が今は気軽に簡単な食事ができるスペースになっています


20160819024631f78.jpg

入り口には新鮮な果物や野菜が売っていて



20160819024632e9a.jpg

中に入ると魚屋さんや



20160819024629e40.jpg

サンドイッチやビールにワイン
座れるスペースも相席ですがあるし



20160819024557228.jpg

量り売りをしてくれるチーズ専門店もあります!
ハイジも食べていたアルプスの山のチーズや草原のハーブがまぶしてあるチーズなどなど
この辺りでつくっている美味しいチーズがいろいろ!

ちょっとしたおみやげになりそうな物も売っていて、のぞいてみる価値あり!です





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2016/08/31 07:58 [edit]

category: フュッセン

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
朝起きて新聞を読んでいたら、こんなセンセーショナルな記事が…
「ルードヴィッヒ2世の最後の手紙」という見出しが見慣れた彼の写真とともに目に飛び込んできた

この手紙が本物であることはほぼ間違いないそうです


20160827171302632.jpg
2016年8月27日 Friedberger Allgemeine


彼が亡くなって今年で130年経ちますが、未だに彼の死は謎のまま
ノイシュバンシュタイン城の美しさもさながら、そのミステリアスな彼の生涯がますます人を惹きつける…

17年の歳月をかけて建てられた城は未だに未完成のまま

1886年6月13日、彼の湖での変死と同時に建築はストップされたのでした


20160827171307327.jpg
年間140万人の観光客が訪れるノイシュバンシュタイン城


1886年6月9日、当時ノイシュバンシュタイン城に滞在していた王のもとに国家委員会がやって来て、王様を拘束しようとしましたが地元民により阻止され失敗に終わります


20160827171620e54.jpg
彼が3つ建てた城の中で唯一完成したロココ様式のリンダーホフ城


精神的に王としての職務を遂行できる状態ではないからというのが理由で、もしこの時捕まっていたら、リンダーホフ城に連れて行かれるはずでした

そして翌々日の6月11日から12日の未明にかけてグッデン医師が率いる委員会は王に禁治産の宣告をし、シュタンベルグ湖畔のべルグ城へ馬車で連行したのでした


手紙は1886年6月10に書かれました
それは1回目の拘束が試みられた翌日の事でした

201608280101139bf.jpg
新聞に掲載されたルードヴィッヒ2世の手紙

以下、手紙の訳

忠実な従兄へ!
急いでいるので乱筆を許して下さい。
とんでもない事が起こっているらしい。
昨晩、厩から大慌てで城に上がって来た従者が言うには、
「たくさんの人間が… 大臣や王宮の者が、音もなくやって来て…
馬車や馬を取り上げ、王をリンダーホフ城へ連行するように命令している。」
私を退位させ、幽閉しようとしているのは明らかだ。なんという恥知らずな陰謀!
こんな事を裏で操っているのはルイトポルト王子に違いない。
村の役人や消防士たちが勇敢に追いやってくれた。
この話はまだ秘密にしておいてくれ。恥知らずな。信じられるかい?
以前にも書いたがお金をばらまいて私が病気だという噂を流している。
ひどすぎる。悪に光が当てられなければならない。

岩のように堅い信頼と愛を
あなたの親愛なるいとこルードヴィッヒ
ホーエンシュバンガウ 1886年6月10日

くだらない人達の悪意が毎晩私を苦しめています…




内容から王が自分の置かれている状況を把握している事は確かで、よく言われているように精神に異常があったとは考えにくい…
手紙の複製がこの秋からホーエンシュバンガウにあるヴィッテルスバッハ家の博物館に展示される予定です





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/08/27 17:18 [edit]

category: ノイシュバンシュタイン城

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
Gieseinger Bräu
Martin-Luther-Str. 2 · 81539 München (089)55062184
月-木 11:00-23:00, 金土 11:00- 00:00, 日 10:00- 22:00.


クラフトビールの先駆け、ギージンガ-ブロイ
この醸造所のオーナーにインタビューしました!

クラフトビールというと小さな醸造所で手作りのビールを丹念に作っている
というのが一般的なイメージでしょうか・・・・

特に伝統を重んじるミュンヘンでは味もよく、人気があり、ミュンヘナ-が誇りを持って飲んでいる500年以上も続く伝統的な醸造所が6つもあるわけですから、そこに割り込もうなんて至難の業なのですが…

2014年に場所を移しその生産量が短い間に6倍になり、今では押しも押されぬ人気の醸造所となったギージンガ-ブロイ
今ではミュンヘンのクラフトビールの代表格となりました!


201608190452313e9.jpg

U2 Siberhornstrで降りて徒歩5分、赤い可愛らしい教会と隣り合わせです
ツタが絡まっていてGiesingerの文字が見えにくいですが、教会が目じるし


そしてまずはオーナーのMarxさんに醸造所を見せていただきました!

彼がビールを作り始めたきっかけというのがかなりいい加減で笑ってしまいました(ぷっ)!

最初は測量技師(地図を作る仕事)だったそうで、面白くないのでWeihenstephenの醸造所科の学生になったけれど、2セミスターでやめてしまい… 某醸造所でしばらく働いていた時に知り合ったBraumeister醸造マイスターと一緒にビールを造り始めたそう

そのうち二人の方向性が違うことに気づき…
10年前、見習いの醸造士を数人雇ってガレージで自分のビールを作り始めた

最初の数年は貧乏で大変だったと明るくお話ししてくださいました
未だにビールを造るライセンスがないので、コントロールはするけどビールは自分では造っていない!(笑)


20160819045815eea.jpg

素材はこだわっていてモルツもホップも全てこの辺りの物だけを使っています




201608190453525e8.jpg

こちらは麦汁を釜で煮て糖化させる作業
糖分が多いとアルコール度も強くなります




2016081904582984c.jpg

蓋を開けたままの釜でビールを発酵させています
毎日アルコール度と温度を測り…




2016081904582981e.jpg

上面発酵の特徴、急激に発酵が進み、イーストが炭酸ガスをたくさん出すため上にイーストが持ちあげられる




201608190458008c4.jpg

出来上がったビールはここで味が良くなるまで寝かされ、出荷の日を待つ
フルーティなとってもいい香り



そして2013年から2014年にかけてガレージから今の場所にお引っ越し
レストランも併設しています!


201608190454121b1.jpg

おしゃれなバーカウンターと




201608190454183a5.jpg

素敵なレストラン
ランプはビール瓶で出来ています


そして ダダーン
こちらはオーナーとっておきのEisbockアイスボック


20160819045419197.jpg

凍らせたビールを逆さまして、ビールの成分だけが融けだしてくる…
アルコールと水の融点(融ける温度)が違うためにこうなります




201608190452229e2.jpg

ビールとは思えないぎゅっと凝縮されたとろみのある液体、まるでブランデーみたい…




20160819045156cef.jpg

お客様は若者が多く、ドイツらしくビールを飲みながらカード遊びをしています
左がWeissbier白ビール、右がHellesヘレス

どちらも濁っていますね!そう、ここのビールはフィルターにかけていないNaturtrübなのです
まったりとして美味しいのですが、3ヶ月しかもたないという欠点があり、売れないと捨てることになるのでそれなりにリスクを伴いますが、それでもビールはどれもフィルターにかけられていません

いわゆる生ビールすね!

後で聞いてみたら、ただ単にフィルターを買うお金がなかったそうです(笑 思った通り!)
でもそれが今は人気の秘密になっていて、偶然が美味しいビールを生みだしたと言えそうです!





20160819045356a20.jpg

外にはビールケースがいっぱい、主にこの近所の人が買いに来るそうです
ミュンヘンとこの辺りにしか出荷してないので、まさ地ビール!




201608190452304b1.jpg

こうやって近所の人が一人また一人とケース単位で買いに来ます

年間11,000ヘクターリットル生産しているそう
今の3倍の量でも売れるけれど質が大事なので大量生産はしないんだそうです





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/08/25 07:54 [edit]

category: ミュンヘンのビール

thread: ビール - janre: グルメ

tb: --   cm: 0
シュタイナー幼稚園のお庭は季節のお花や植物でいっぱい
ハーブや果物など食べられるものもたくさんあります



201608190415432b8.jpg

子供に安心感を与えるために3年間通して同じグループで過ごします
その各グループの部屋の扉からは庭に出られるようになっています




20160819041620748.jpg

テラスにはいろんな形や色のイスが並んでいます
子供たちが朝の会の時に自分で選んで座るのです




20160819041818952.jpg

庭の遊具も石や木などの自然の素材で…




2016081904161340f.jpg

この手づくりの小屋には子供たちが隠した宝物でいっぱい!



2016081904161430c.jpg

木の板がひとつ渡してあるだけのここは子供たちが大好きな場所
キッチンになったり、学校になったり、お家になったり…





ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/08/23 07:25 [edit]

category: シュタイナー幼稚園

thread: ドイツ生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 0
シュタイナー幼稚園Waldorfkindergartenはドイツ国内に200以上あります

幼い子供たちは好奇心が旺盛!時には危なっかしい事…
そんな時、経験のある大人が修正してあげるのではなく、子供の好奇心に任せ、痛い思いをしてもそこから学ばせる
ひとりひとりの意思を尊重するのがシュタイナーのコンセプト

そんなシュタイナー幼稚園のおもちゃの取り入れ方
①子供の目や手に触れるものは自然の素材のもの
②出来るだけ手作りで質の良いもの
③おもちゃは常に子供たちの目に触れ、手の届く所へ置く


2016081903264275c.jpg

シュタイナーのお人形たち




20160819032613de1.jpg

このテーブルには庭で切って来た花を飾り、季節感を感じさせる物を展示




201608190326389d4.jpg

自然の素材のおもちゃ
松ぼっくりや木切れやきれいなタイル




20160819032643056.jpg

幼稚園を卒園する子たちが作った馬




201608190326485d2.jpg

女の子も男の子も大好きなままごとのお部屋
変幻自在で想像をかき立てる布をふんだんに使っています




20160819041830231.jpg

布もひももおもちゃも全て子供たちの目につく、手に届くところに置いてあります
おもちゃたちが「遊んで~!」と言っている声が聞こえて来そう!




20160819041825478.jpg

帰る前に遊んでいたお人形たちは明日もまた遊べるようにそのまま…
子供たちの息遣いがそのままそこに残されていました!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/08/21 08:32 [edit]

category: シュタイナー幼稚園

thread: ドイツ生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top