fc2ブログ
Original STEINDL
Tal 19 (月)~(土) 10時~20時

オクトーバーフェストに行くならバイエルンの民族衣装で!
地元の人は老若男女、みんな着てます

観光客が一回だけ着るのに高いものだと躊躇しますが、この店だと上から下まで安いのだったら60ユーロぐらい、100ユーロ前後で揃います!


20160921050157c2d.jpg

マリーエン広場からだと旧市庁舎の塔をくぐって出た道がTal
Talをまっすぐ50mほど行くと左側



20160921050157031.jpg

ところ狭しとDirndlが並んでます
29ユーロぐらいから

普段よりひとつ小さいサイズを着ましょう!
コルセットのように締め上げて着るのが基本です!




20160921050159aa2.jpg

地元の人にまじってアメリカ人やスペイン人も
これから出掛ける!って感じで嬉しそうに何枚も試着

店の女の子が親切でサイズやデザインをアドバイスしてくれます




20160921050149f0f.jpg

男性用の皮のズボンも丈の短いのや長いの色も様々

せっかくのビール祭り、民族衣装で行ったら盛り上がること間違いなし!



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/09/22 08:04 [edit]

category: オクトーバーフェスト

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
Sielenbach 自然エネルギー村(Bioenergiedorf)


人口1700人、エネルギー自給率457%
これが何を意味するか?この村と同じ規模の村4つ分の電力と熱を供給できるという事です

2012年には風力発電も導入したため、今年の数字はまだ出ていませんが自給率600%を上回る予定だそうです

しかもこの村の電力と熱はすべて自然エネルギー(再生可能エネルギー)で賄われています

Sielenbachはアウグスブルグから車で20分、ミュンヘンから30分の森の緑と牧草地が美しい村で、約10年前から自然エネルギーへのシフトを始めました

一軒の酪農農家がバイオマスの廃熱を上手く利用できないだろうかと提案したのがきっかけとなりました
今では暖房に灯油を使う家庭は無くなり、この村では年間125,000リットルのオイルを節約しています


201609160238281dd.jpg

Sielenbah村の管轄下にある3km先にあるTödtenriedのバイオガスの施設
燃料は木材チップ、とうもろこし、牧草、牛や豚の肥え




20160916023729833.jpg

牛や豚の肥えはバイオガス施設とともに住宅地からは少し離れたところにあります
けっこうな量があるのですが、臭いは思ったほど気になりません




20160916023833fd2.jpg

木材チップをつくるために木材を小さく砕く機械




20160916023816d5e.jpg

そして今日はとうもろこしの収穫4日目!
このサイズのトラクター10台で、 5日かけて広大な土地に植えられているトウモロコシを収穫します

右後ろの塔は動物の飼料用のトウモロコシを貯蔵するためのものです




20160916023706ccc.jpg

トラクターが2台、右側のトラクターの重量を量っているところ(アスファルトに線がついているところで)
ちょうど休憩中で、トラクターから降りた男性たちが奥様方が用意して手作りのケーキとコーヒーを楽しんでいるところです




20160916023729a37.jpg

そしてこれが3日半で収穫したとうもろこしの山!
トラクターと比較すると、その量が想像できるかと一緒に撮影しました

後1日半残っていますから、この山はもっと大きくなる予定です!
これがこの村の1年分のバイオガスの燃料になります




2016091602374248c.jpg

山の裾の方に行って近づいてみました
今日収穫したばかりのとうもろこしはまだきれいな黄色をしています

ちょうど左のトラクターが積み荷を下ろしているところで、右の2台は下ろし終わって畑に戻るところです




20160916023743e5e.jpg

近寄って見てみるととうもろこしの実だけではなく、茎や葉っぱも一緒に細かく粉砕されています




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/09/20 07:22 [edit]

category: 自然エネルギー

thread: ドイツ生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 0
すspan style="color:#006633">ミュンヘン中央駅のようす


9月18日(日)、午後19時のミュンヘン中央駅

20160919020224eb0.jpg

パン屋の店員さんも皮のズボンにフェルトの帽子
買い物客も民族衣装です!



20160919020218eb1.jpg

駅構内にはDirndl(女性の民族衣装)や皮のズボンも売っていて、急に行くぞ!と決めた旅行客もお安く上から下まで揃えられる感じです

駅だから日曜日でも開いてるし、夜は遅くまでやってて便利です!




201609190202251a4.jpg

ホームではかなりの数のセキュリティ
不審者がいないか電車の乗り降りをする人をチェック




20160919020224cb3.jpg

警官もかなりの数のです
みんな大きなライフルのような武器を持って歩いています

やはり今年のオクトーバーフェストはしっかりと安全対策をしているようです




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/09/19 03:00 [edit]

category: オクトーバーフェスト

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

Sun.

オクトーバーフェスト開幕!!  

オクトーバーフェスト 2016 開幕!!
9月17日~10月3日の17日間 Theresienwiese

本日2016年のオクトーバーフェストが開幕!
生憎の雨で人出は平年より少し少なかったようです

*以下の写真1~5枚目まではTagesschau(ニュース)からです

去年の夏以来の難民大量受け入れ、そして今年7月のテロ事件を受け、オクトーバーフェスト関係者やミュンヘン市は今回のオクトーバーフェストの安全対策にかなり力を入れています

・警官の数も平年より100人多い600人
・3リットル以上の大きなカバンやリュックサックはもちこめない
・入り口で荷物検査や身体検査を実施しています
・会場のまわりには柵が設置されています


20160918031525684.jpg

入り口での荷物検査と身体検査のようす




20160918031530dd2.jpg

会場の周りに設置された柵
この柵は有事には1分以内に取り外せるシステムになっています




そして万全の安全対策のもと
ミュンヘン市民が毎年心待ちにしているオクトーバーフェストが始まりました!

20160918031524109.jpg

6つの醸造所の樽をのせた馬車がパレードし、オクトーバーフェスト会場に入って来る




20160918031534eb8.jpg

O'zapft is !
正午12時きっかりにミュンヘン市長のDieter Reiterさんが樽に最初の杭を打ったら…
オクトーバーフェストの始まりです!




20160918031510dc1.jpg

いつもの賑やかなお祭り騒ぎ
女の子たちも Maßマス(1ℓジョッキのこと)を片手に楽しそうです!

オクトーバーフェストでは4月ごろから各醸造所が腕によりをかけたオクトーバーフェスト用のビールが振舞われます
アルコール度は強めで6%前後のここでしか味わえない美味しいビールです




201609180315539a7.jpg

そしていつもの風景
カールス広場の地下鉄の構内で寝込んでしまった若者たち…

ドイツでは16歳から飲酒が認められていますが、若い人たちは加減が分からなくてよくこういうことになってます




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/09/18 03:20 [edit]

category: オクトーバーフェスト

thread: ビール - janre: グルメ

tb: --   cm: 0
Chiemseeキームゼー  

キームゼーには島がいくつかあり、1つがヘレンキームゼー城のあるヘレン島(男島)
もう1つがフラウエン島(女島)

お城を見学したあと余韻に浸っていたら、となりに座ってたドイツ人のおばさんたちが
「湖のお魚を食べるなら、フラウエン島にかぎるわね!」と話してるのが聞こえて来て、行き方を教えてもらった!


20160912033146b65.jpg

という訳でまたまた船に乗り込み、今度はフラウエン島へレッツゴー



2016091203314027d.jpg

ほんの5分もするともうフラウエン島が見えてきた!
おばさんたちが言ってた修道院もある



20160912032910a8a.jpg

とっても小さな島なのだけれど家々の庭の手入れは行き届いているし、島全体が素朴な雰囲気で想像以上にいい島で感激!友だちと来てよかったね~!なんて話しながら歩いていると…




20160912032914003.jpg

自分の庭で絵を描いているルのアールのような出で立ちのおじいさん




20160912032937583.jpg

家々の玄関先にはプライベートの船着き場
そりゃいちいち買い物のたびに観光船に乗ってられませんよねぇ


2016091203314588a.jpg

そして私たちがこの島にやって来た目的、魚料理の店を発見!



201609120331303de.jpg

水際のビアガーテンでビールをいただきながら休憩することにした私たち



20160912033123ec7.jpg

セルフサービスなので、ここでビールと魚を買って…



20160912032939625.jpg

こちらがキームゼー名物Renke レンケの燻製とポテトサラダ
飲み物つきで9.50ユーロはとってもリーズナブル

軽く塩味がついていて、白身だけどけっこう味わいのある美味しい魚だった!
またついてたポテトサラダが美味しくて!!

もちろんビールは美味しいに決まってますが…




20160912032931929.jpg

鱗がついたままなので皮が食べられなくて残念だった…
骨と皮はお庭に居た野生のアヒルたちにあげました!



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2016/09/16 03:37 [edit]

category: キームゼー

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top