Schloss Schleisheim シュライスハイム城
S1で空港方面に約20分、Oberschleissheim下車した後、徒歩20分弱

ミュンヘン郊外にある豪華絢爛なシュライスハイム城
夏になると選帝侯夫婦とその家族たちが避暑に訪れました

そして夏が終わると家具調度品はもちろんのこと壁に張られた布まではがしてニュンフェンブルグ城に持って行き、また夏になるとここに戻すという大変な作業をしていました

使用人の数、常時500人以上!

201701230513431a5.jpg

ポーランド出身の選帝侯妃テレーゼ・クニグンデの寝室
銀糸で刺繍の施されたベッド


20170123051330225.jpg

彼女の部屋の隅にあるチャペル
大理石よりも効果で手間のかかるスカリオーラがふんだんに使われ、祭壇はルーベンスの作品



20170123051928a66.jpg

天井はやはりヨハン・バプティスト・ツィンマーマンの装飾で空洞になっているクーポラの隙間から見えているフレスコ画も彼が描いたもの

このチャペルだけでどれだけの価値があるのか…
お城全体がものすごいお宝です!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/01/31 07:20 [edit]

category: ミュンヘンの観光

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
Schloss Schleisheim シュライスハイム城
S1で空港方面に約20分、Oberschleissheim下車した後、徒歩20分弱


この豪華な宮殿を建てた選帝侯マックス・エマヌエルの家族のポートレート

20170123051316f70.jpg
 
左から30年戦争勃発にかかわったマクシミリアン1世
その息子でニュンフェンブルグ城を建てたフェルディナンド・マリア
シュライスハイム城を建てたマックス・エマヌエル



201701230513431e9.jpg

こちら側の壁はマックス・エマヌエルの姉アナ・マリアの家族
彼女はルイ14世の息子のもとに嫌々嫁がされ、不幸な結婚生活を送りました
左右はその息子たち



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/01/29 08:16 [edit]

category: ミュンヘンの観光

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
Schloss Schleisheim シュライスハイム城
S1で空港方面に約20分、Oberschleissheim下車した後、徒歩20分弱

ヴィッテルスバッハ家の夏の離宮シュライスハイム城
生粋の軍人だったマックス・エマヌエルが贅を尽くして建てさせた美しい宮殿

中でも選帝侯夫妻のアパートメントの中心にあるギャラリーは豪華そのもの!

201701230500402e3.jpg

このギャラリーで往時は数々の宴が催され、美しい衣装に身を包んだ人々を感嘆させた絵画が壁に所狭しと飾られている

アルテピナコテークに展示されているような本物のルーベンスやイタリアの画家たちの作品です




20170123050039db0.jpg

バロックの天井も虫や鳥や動物たちが上品な華やかさを演出しています




以下、このギャラリーに飾られているルーベンスの作品の一部

20170123050028d07.jpg

エサウとヤコブの和解



2017012305002577d.jpg

聖ペトルスとパウルス

このギャラリーを見るためだけでも足をはこぶ価値あり!!



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/01/27 08:03 [edit]

category: ミュンヘンの観光

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
Schloss Schleisheim シュライスハイム城
S1で空港方面に約20分、Oberschleissheim下車した後、徒歩20分弱

ミュンヘンの北20キロにヴィッテルスバッハの夏の離宮がある
中心から離れているので訪れる人は少ないけれど実は必見!

1706年から1715年にかけてマックス・エマヌエルによって建てられた城は戦争の被害にほとんどあっていない


20170123050502d41.jpg

バロック様式で建てられた美しい宮殿の正面
当時は真ん中の黒い出入り口に馬車がつけられて、ヴィッテルスバッハ家の方々が中に入ったのでした




201701230505159cf.jpg

城の窓から見える外の景色




20170123050524220.jpg

ここが正面玄関を入ったところ
右に少~し見えている黒い扉が一枚目の写真の黒い扉
この扉から入った選帝侯夫妻は左手の階段を昇りアパートメントへ




20170123050520d18.jpg

正面玄関の反対側は庭へ続く扉(左手のアーチ部分)がたくさん並んでいて、いつでも庭に出られるようになっています

ここは美しいバロック庭園を存分に楽しむための夏の離宮なのです

美しい漆喰装飾はヨハン・バプティスト・ツィンマーマンの手によるもので、ため息の出るような美しさ…




20170123050521449.jpg

ここも庭側の廊下の続き
庭に誘うようにたくさんの扉が並んでいます

使われているパステルカラーは当時は出すのがとても困難な色でもちろん非常に高価でした




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/01/25 05:11 [edit]

category: ミュンヘンの観光

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0
ツリー1本3.5ユーロは格安!

ボーイスカウトの面々は今年も使用済みクリスマスツリーの回収サービスを実施しました !
毎年8月に2週間行く旅行の費用を稼ぐためです

このあたりでは木や草などリサイクル用に街のゴミ集積場に持って行きます

そうツリーを依頼のあった家まで取りに行って捨てるのが仕事です!

2~3週間リビングに飾っていたクリスマスツリーはすっかり乾燥して葉っぱがボロボロ落ちるし、運ぶときに車が汚れるし、ゴミ集積場では順番が来るまで並ばないといけないしで結構面倒くさい作業なのです



20170121052532e8d.jpg

スーパーマーケットの入り口にテーブルをしつらえ準備は万端
ちょっとポスターが小さい??

買い物客に声をかけて結構な数のクリスマスツリーを集めることになりました!




20170121050312fba.jpg

2mもあるツリーを担ぐボーイスカウトのメンバー
頼もしいですね!朝一なので元気いっぱい




20170121050306c14.jpg

リヤカーに載せて…




201701210503107c8.jpg

トラクターで次のおうちへ!
田舎なので誰かのお父さんがトラクターを貸してくれる

重いツリーを一日中担いだ男の子たちはさすがに疲れたみたいでしたが、それなりの収穫があったそうです!



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2017/01/22 08:18 [edit]

category: 未分類

thread: ドイツ生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 2

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top