fc2ブログ

Thu.

Holbeinhaus ホルバインハウス  

Holbeinhaus ホルバインハウス

日本ではHolbeinホルベインの絵具で知られていますね
実はアウグスブルグ出身の画家の親子ハンス・ホルバインの名前から来ています。

お父さんは宗教画家で、息子はイギリスのヘンリー8世の宮廷画家でした。
父親の絵は教会のための絵、息子はロイヤルファミリーの肖像画を描いていました。
ヘンリー8世は気に入らないと妻の首をはねたり、離婚したりして、6人の妻をめとっています。
カメラの無かったこの時代、お見合い写真の代わりにハンス・ホルバインが候補者の女性の絵を描いていたんですね。

アウグスブルグの大聖堂に父が描いたマリアさまの絵が4枚。
シェッツラー宮殿に大作が何枚も展示されています。



16456419120.jpeg

アウグスブルグは運河が多い町。
ハンス・ホルバインの家の前にも小さな水路があります。

ホルバイン家の隣はショコラテリーやブティック。
お店の前に出ているでテーブルでコーヒーやスウィーツを楽しめます。

目の前は小さな泉のある広場で、ベンチもあるし、暖かい日は休憩したり、おしゃべりをする人で賑わっています!



Holbeinhaus

ドアの上に彼らがこの地に住んでいたことが記されている碑文が…



16456418860.jpeg

1496年~1516年まで、ここにホルバイン家が建っていました。
この地で息子のハンスが誕生しています。



ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト



2022/02/24 05:17 [edit]

category: アウグスブルグの観光

tb: 0   cm: 0
ドイツの展示会・見本市は規模も大きく、バラエティに富んでいます。
新しい技術や製品やビジネスチャンスを求めて、世界中の企業がやってきます。
世界のトレンドを肌で感じ、ビジネスパビートナーをみつけられる場でもあるし、既存のビジネスを持っている企業は、お得意先のご挨拶や、新しいビジネスのオファーや情報交換など… ヨーロッパの展示会はビジネスシーンのミーティングポイントです!

出展者はヨーロッパの市場に参入するべく、製品や技術を紹介したり、ビジターから課題を直接ヒアリングをして見込み客を訪問したり、認知度を上げる絶好の場です!

ドイツの大学や世界でも信頼があるFraunhoferなどの研究所が出展している展示会もあり、技術提携や共同研究開発なんかもやっています。

2月はほとんどキャンセルになりましたが、コロナのピークアウトを見越して、いったんキャンセルになった展示会も5月以降に延期され、予定に組み込まれています。

以下、2022年のミュンヘンでの展示会の予定です。

5月30日-6月3日 IFAT
世界をリードする水、下水、廃棄物、資源の管理の見本市

6月12日-14日 OutDoor by ISPO 
ヨーロッパのアウトドアに特化した展示会(世界最大のスポーツの見本市ISPOによる)

6月21日-24日 automatica
スマートオートメーションとロボティクス界をリードする展示会

6月21日-24日 ANALYTICA
ラボテクノロジー、分析、バイオテクノロジーに関する展示会

7月17日ー22日 INTERFORST
林業および森林技術をリードする国際見本市

9月12日ー16日 drinktec
飲料および液体食品業界向けの世界有数の見本市

10月24日-30日 bauma
世界最大の土木、建築、建設に関する展示会

11月28日-30日 ISPO
世界最大のスポーツ用品の展示会

11月30日-12月4日 FOOD & LIFE
ドイツ最大の食品、飲料、嗜好品の展示会


展示会の同行通訳や出展者運営のお手伝いをいたします
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村
http://static.fc2.com/image/clap/number/white/8.gif

↓拍手もついでにお願いしますっ!!



2022/02/21 09:00 [edit]

category: 展示会

tb: 0   cm: 0

ビールと言えばドイツ、ドイツと言えばビール!
もちろんそれなりにこだわりがあり…

ビールを最後までおいしく飲むための注ぎ方がある!

美味しいビールが注ぎ方次第でもっと美味しくなる…
ここは気合を入れて美味しいビールをいれてみよう!



みなさん、知ってました???

ビールを美味しく注ぐのにいちばん大事なのは

    泡 あわ

今から紹介する注ぎ方をマスターすれば、おうちでいつでも美味しいビールが飲めます!




グラスを水で軽くゆすぐ

140.jpg

最初にグラスを傾け、泡を立たせながらビールをそそぐ。

141.jpg


142_20150626060217c93.jpg


145_20150626060227107.jpg


144.jpg

グラスは少しずつ立てながら、ここからは出来るだけ泡が立たないように少~しずつ注ぐ


147_20150626060949578.jpg

最初に立てた泡をこわさないようにグラスを立てながら、引きつづきゆっくりそそぐ


146.jpg

ビール瓶を振ってビールの底にたまっている酵母を少し残っているビールで浮かせる感じ


150.jpg

この最後の数滴がビールの味をさらによくする


149_20150626060939cc3.jpg

最後に雲のようにもっこりと泡が立ったら大成功!



泡の役割は?

① 泡がふたとなってアルコールが抜けにくい
② やはり泡がふたの役割をして香りが逃げない
③ あとから出て来る苦み成分が熟成されやすい


そう、最後の一口まで新鮮。そして味の変化が楽しめる!


ちなみに撮影に協力してくれたのは16歳のマルコくん。
ビールの事にもとても詳しくて、いろいろ話してくれた。

ドイツでは16歳からアルコールが法的に認められてるので、こういう光景もあたりまえ!


↓ こちらも合わせてご覧ください! ↓

ビールの歴史
ビールの種類
アウグスブルグ、ビールのおいしい店
ビールが美味しい店の醸造所潜入!
  

↓どうぞ、ごらんください! 

 ↓クリックしてくれたら、嬉しいです!

 ↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2022/02/18 09:12 [edit]

category: ビール

thread: 海外食生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 2
そりゃ、なんってったってドイツ!美味しいビールはたくさんありますよ。
とりあえず南ドイツのビール、どんな種類があるのか見てみよう!
ビールごとに使うグラスが決まってるので、それもチェックしてね!!



Helles ヘレス
いわゆる普通のビール。澱をこしてあるので色はクリア。ひだりは500ml右はオクトーバーフェストやプレーラーなどビール祭りで出る1リットルジョッキ。ドイツ語でマス。どちらもヘレス。

026 (2) DSC_1051.jpg 129_20150626054608692.jpg





Weizen ヴァイツェン
ドイツのビールの原料はほぼ大麦だが、このビールは小麦が原料。ろ過しないので白っぽくにごっている。
そのためWeissbierヴァイスビア白ビールともいう。味はまろやかで苦みが少ない。これぞドイツのビール

023_2015062508373881e.jpg 126_201506260542406a8.jpg



Dunkles ドゥンケレス
いわゆる黒ビール。コクと苦みがありパンチのあるビール。ビール好きにおすすめ!左、エタール修道院の黒ビール。

126_201506250837507fe.jpg  133_20150626054304b79.jpg



Pils  ピルス
ピルスはチェコのピルスナーと同じ方法で醸造されたビール。もともとチェコは軟水。ドイツは硬水で石灰を含んでいるので、石灰を取り除いた水を使っている。ピルスは330ml。グラスは下の写真のように細長いものを使う。

pils_ml.jpg


Lager ラガー
低温で長く熟成させたビール。昔、秋に洞窟にビールの樽と氷を入れてふたをし、春まで熟成させていた。ラガーはドイツ語で倉庫あるいは貯蔵すると言う意味がある。やはりコクがある。


Kellerbier ケラービア
ビールを発酵させている途中で品質管理と言うか味見をするために樽の真ん中あたりから取り出したビール。
発酵途中なので炭酸が少なめ。もちろんまだフィルターにも通しておらず、濁っている。そのためいろいろな成分がビールの中に残っていて、まろやかなのにコクがある。ヘレスからとったものは薄い色。ドゥンケレスからとったものは色が濃い。アルコール度多少低め。

rittmayer-kellerbier.jpg 128_20150626054250bac.jpg

右の写真はHasenbräuハ-ゼンブロイ、アウグスブルグの醸造所のケラービア。Bauerntanz バウアンタンツ で飲めます!




Nturtrüb  ナチュアトリュ-ブ
普通は酵母を加えて発酵させるが、このビールは空気の中を漂っている自然の酵母を取り入れて作ったもの。やはり濁っていて、炭酸少なめ、アルコール度は普通のビールと同じくらい。

index.jpg


Starkbier シュタルクビア
シュタルクとは強いと言う意味。もちろん強いのはアルコールです!アルコール度6.5%以上のビール。10パーセントを超えるものもある。
 
DSC_1053.jpg


Bock, Doppelbock ボック、ドッペルボック


修道院で作られているビール。断食の時に飲んでいたビールで、シュタルクビアの一種。アルコール度5-12パーセント。昔の規定だと、ボックが16パーセント以上。ドッペルボックは18パーセント以上のものをさす。中世の頃から改良に改良を重ね、歴史も古く美味しいビールだと思う。喉ごしさわやかですすっと入ってしまう。この辺りだとアンデックス修道院が有名。


修道院の事も少し書いてるので、こちらでおさらいしてね!→ビールの歴史





ここから先は私に言わせれば、邪道
と言いつつ、あんまり飲みたくないなぁという日には飲んでます。

Radler ラドラー
ヘレスをレモネードをわったもの。Radは自転車、 Radlerは自転車に乗る人。自転車も飲むと交通違反なので、こういう名前が…
022_20150625083734787.jpg

Russ  ルス
ヴァイツェンをレモネードでわったもの

017_201506260536047c5.jpg


Colaweizen コーラヴァイツェン
もちろん名前の通り、ヴァイツェンをコーラでわったもの。

Kirschgoiß キルシュゴイス
こいつが危険!口当たりがよくて、すいすい入るので気がついたら酔っ払い!ドウンケレス、コーラ、キルシュリカー(サクランボの蒸留酒)でわったもの。アルコール度、かなり強め!

023 (2)

1リットルのマス。注ぎ方も完璧だ。


048_20150627210946658.jpg

この3つのミックス。


実はこれを入れてくれたのも作り方を教えてくれたのも17歳の男の子。若いけど十分経験を積んでるんだろな・・・
このビール、本当に上手に注いでる。ビールを美味しく飲むには注ぎ方がとっても大事。

この日もサッカーチームの打ち上げで、親も交えてのパーティだった。
この1リットルのマスをみんなで回し飲みする。若い時からドイツ人はみんなお祭り好き!








さてさて、それでどれが一番おススメなの?って話だけど、はっきり言って全部!

日本の地酒感覚で土地ごとに地元のビールがあり、材料も水も分量もレシピも違う訳で…
ご自分でお気に入りを探してもらうしかない!

ドイツに来られる方にはまず最初に私も大好きなWeizenヴァイツェンがおススメ。
時間があったらKellerbierケラービアNturtrübナチュアトリュ-ブのような変わり種もオススメ。

そしてまだ体力があったら
(笑)
Starkbierシュタルクビアできれば、修道院で醸造してるようなBock, Doppelbockボック、ドッペルボックをおススメしたい・・・




今日もすっかり長くなってしまった・・・
最後まで読んでいただいて、ありがとう! 
 
↓↓素敵な場所にご案内します!

アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
-- 続きを読む --

2022/02/16 08:57 [edit]

category: ビール

thread: 海外食生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 4
ドイツのビール事情、第一回目の今日はビールの歴史から!


ドイツと言えばビール。あまりにも当たり前だけど、このビール、一体いつごろから飲まれてるのだろう?
歴史の話をする前に、ビール純粋法というのをご存じの方も多いはず。
ドイツでは麦、水、ホップ、酵母以外のものが入ったものをビールとは認めないという法律がある。


時はさかのぼること今から6000年前メソポタミア文明
シュメール人がビールに似た飲み物を飲んでいたという記録が一番古い。
そして今からおよそ5000年前エジプトでもビールらしきものがあったらしい。


そのころのビールは麦芽を粉にひいて水でこね、パンのようなものを焼き、それを水につけてやわらくし、
麦芽の酵素でアルコールを発酵させた甘い飲み物だった。

そう、ビールはパンの代わりだった
アルコール度もあまり高くなかったので、子供でも飲めた!


他にも作り方があって、今のやり方と似ている。
煮て柔らかくした麦に麦芽をと酵母をいれてアルコールを発酵させる。

注意!麦芽とは麦を発芽させて、ひげ根をとったもの。
一度発芽した麦からはビール作りにかかせない酵素がでる。


w010.jpg Gruenmalz_neu_Fotolia_6d31398a7b.jpg

左はうちの近所の畑の大麦。右はソの大麦を発芽させたもの。麦芽(モルツ、ドイツ語でMalz)。



さてこの時点で麦、水、酵母が入ったが、まだホップが使われていない。




その後時は下り、6世紀ごろにやっとドイツにもビールが伝わる。ケルト人やゲルマン人だ。
彼らはパンからではなく、粉にした麦芽を湯に溶かして、麦と混ぜてビールを作っていた。

ここにもまだホップは入ってないなぁ~



そして次第にヨーロッパ各地でビールが作られるようになり、ドイツでは特に修道院などで自家醸造されるようになる。
これは冬の食糧難対策と巡礼者にご馳走するためだった。
今でもドイツ人は「ビールはパンの代わり」なんて言うけど、ここから来てるのだ。
材料もパンと同じだし、なるほど理にかなってる。実際、修道院では断食の間もビールは飲んで良かった。


ちょうどそのころ、発酵を安定させるためにグルートといういろんなハーブを混ぜたものを入れるようになった。
その中にホップも含まれていたらしい!



おっ、やっとホップが出てきた!
ホップが苦みのもとなので、ホップが入らないと甘いビールのままで今のようなビールの味が出ない。




11世紀になり、ある女子修道院の修道院長がグルートの代わりに初めてホップを使った!
現在飲まれているような嗜好品、ビールの誕生だ!


ホップ

ホップの花の部分を使う。



ホップはすごい。ホップを入れるとビール独特の苦みと風味がでる。
しかも雑菌を繁殖させない効果もあるので、15世紀ごろになるとほとんどのビールにホップを入れるようになった。


同時にバイエルン公ヴィルヘルム4世が1516年にビール純粋法を制定する。
もうお気づきのはず・・・


そう、文頭に書いたあのビール純粋法は1516年の法律がそのまま今も効力をもっているのだ!
1906年にはバイエルンだけでなく、ドイツ全国の法律になった・・・


ビールの歴史、すごい・・・
ドイツ人とビール、切り離せないはずだ。あのビール腹もドイツの文化だったのか!!



こんなうんちくを最後まで読んでくださって、ありがとうございました!




素敵な場所にご案内します!
   ↓↓

アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

2022/02/14 09:29 [edit]

category: ビール

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top