FC2ブログ

--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
TIERKLINIK ISMANING ミュンヘン郊外の小動物クリニック
Oskar-Messter-Straße 6, Ismaning bei München
(089)540 45 640 月‐金 8時~20時 / 救急・緊急手術 24時間



ミュンヘンの少し郊外にある小動物専門のクリニック
19人の各分野の専門医、そして3年間の専門教育を受けた多数の獣医アシスタント職員が24時間体制で詰めている

またミュンヘンのたくさんの獣医とのネットワークを生かし、治療後も紹介を受けた獣医に治療内容や経過を報告し
その獣医のもとに通院するシステムになっている

またミュンヘンには人間と同じ救急車のシステムがあって、電話一本で24時間対応してくれる
詳しくは → Tierrettung München e.V. TEL: (01805)843773

TIERKLINIK ISMANINGももちろん24時間体制で協力している



2015102404514084d.jpg

2009年5月にオープンしたばかりのまだ真新しい建物
クリニックの中を詳しく案内していただきました



20151024045048435.jpg

ここはこれから手術を受ける動物たちの準備室
奥のかごには手術の終わった小動物たち。職員の方々が術後の経過を観察


201510240450459f6.jpg

内科の手術を受ける犬
準備室の隣がすぐ手術室になっており、レントゲンやCTなどの検査に移動が極力少なくてすむ設計になっている



20151024045033fff.jpg

術後のケアを受ける犬。
空調のきいた静かな個室で、係員の監視のもとケアを受ける



20151024044910bbb.jpg

感染症の猫を隔離する部屋
入室する前に靴を脱ぎ、入り口で消毒



2015102404504197f.jpg

レントゲン



20151024044906703.jpg

CTスキャン



201510240449034fd.jpg

内科の手術室の真上にある骨専門の手術室
動物によって、また個体に合わせて専門医が細心の注意を払って麻酔をかけるため、麻酔による事故はほとんどない

まず注射で微量を入れ、点滴で調整、それでも足りなかったり手術が長引いた入りする場合はガスの麻酔を使用するそう



2015102404485675f.jpg

リハビリに来ていたダックスフンドとおばあちゃん、右は理学療養士
椎間板ヘルニアで歩けなくなったため、手術を受けもう3か月もリハビリに通っている

左の設備は水をはり浮力を利用して体に負担がかからないように歩く練習をする



20151024044904a7d.jpg

遠くから来た患者の飼い主や患者が心配で付き添いたい飼い主のための部屋
一泊90ユーロでペットの状態が良ければ一緒に過ごせる

今回クリニックの中をくまなく見学させていただいて一番感心した事は、チームワークの良さ
毎朝獣医と専門アシスタント職員が集まって、プロジェクターで写真やレントゲンを見ながら会議をする

もちろんあらゆるテーマについて話し合われるわけだが、その日の手術について、また患者ごとの最善の治療法を
職員全員で意見を出し合い決める

それ以外にも年に何回もミュンヘンの獣医が集まり意見を交換する場を設けている




見学のアレンジと通訳、ペットの診察の際の通訳を致します

↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2015/10/31 08:43 [edit]

category: 動物福祉と医療

thread: 犬との生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。