NSドキュメントセンター
Brienner Str. 34 · 80333 München
10時-19時 ㈪休み / 無料オーディオガイド ドイツと英語とその他 日本語なし


ミュンヘンでナチス党が結成され、秘密警察の本部が置かれていたため、たくさんの資料が残っています。そして数年前にこのセンターが開設されて、写真だけでも見ごたえのあるものになりました。

ドイツ人にとって恥ずべき過去ですが、同じ過ちを2度と犯さないためにも敢えて公開しています。

20170522191934027.jpg

カローリネン広場と王の広場の間のBrienner通り沿いにある現代的な建物。
ここには戦前、Braunes Haus(茶色の家)が建っていました。
国家社会主義ドイツ労働党NSDAPの本部が置かれていた場所です。



201705250622594c4.jpg

入り口に書かれているのは…
「ナチスの歴史から学び、記憶に残すための場所」



20170525062750335.jpg

3階から順に下に降りて行くシステムになっています。
資料を見ながらナチス政権について順番に学ぶことができるようになっています。



20170522191934cc0.jpg

まだ政治家になる前のヒトラーの講演に集まる人々。
聴きに来ているのは身なりのいい上流階級の人々が目立ちます。



201705221919033f3.jpg

その演説を聞くと誰もが虜になったというヒトラーの演説中の動き。
微妙に声の高さを変えたり、間を置いたり、沈黙したり、急に声を荒げたり…
次第に支持者を増やしつつあった時代。



201705221919182d4.jpg

1923年11月9日、マリーエン広場。
ヒトラーが当時の政権をひっくり返そうとしたミュンヘン一揆は失敗に終わり…



201705221919301d1.jpg

自転車をこぎながら、右手をあげる夫人。

銃撃戦になったオデオン広場で、ナチス党員のための慰霊碑が将軍堂に建てられ、その前を通る人は必ず「ハイル・ヒトラー」と言い右手をあげることを義務付けられていました。




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/05/27 08:00 [edit]

category: ナチス

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 2

コメント

日本で戦争関係の物を見ると、どれも被害者としての日本ばかりで、加害者としての日本がほとんどないんですよね。
日本にいた頃は、教育でも被害者日本と教わったので、そう思っていたら、イギリスに来て目に鱗
ヒットラーと何だ変わらぬ侵略者加害者日本。
日本でも、もっと色んな目線でみた状況を教育して欲しいって思いました。
こういった恥ずべき姿を、しっかりと後世に残そうとする姿、立派だと思いますよ。

URL | Coco #SMRuIIQ2 | 2017/05/27 19:10 | edit

ありがとうございます。
大きな声では言えませんが、私も何となくそういう事が皆さんに伝わればいいなと思っています!

1965年、戦後20年で自国の罪を認め、2度と過ちを犯さないという覚悟でダッハウ強制収容所が一般公開されました。中に展示されている写真やドキュメントは目を覆いたくなるようなものばかりです。

学生もある程度の年齢になると必ず社会見学で収容所を訪れます。

このNSドキュメントセンターも同じ意味でここに建てられたものです。

URL | Ms.R #- | 2017/05/28 03:03 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top