森に住む馬

7月に書き始めた
アウグスブルグの自然保護地区(飲料水)の続きです!

アウグスブルグの南に広がる21㎢の広大な森。
ドイツでも最も多様な動植物が生息している地域です。

人口28万人の町の端っこでビアガーデンも近くにあるし、
市民の憩いの場でもあります。

自然保護地区の一番南には野生の馬もいます。
群れで生活していて、ここだけ囲いがされています。


20170716042450fdb.jpg

この柵の先に馬たちが群れで暮らしています。
物音がするとサッといなくなるのでMr.Tもつないで
ソーッと近づいて行きました。




2017071604244742b.jpg

農家の馬小屋で暮らしていたMr.Tは馬に慣れているので
馬も警戒しなかったようです。

私たちが近づいても草を静かに草を食んでいました。




20170716042443af8.jpg

そうしているうちに、3頭が水飲み場にやって来ました。




20170716042423fd1.jpg

後でやって来た一頭は水の中を駆け抜けて行きました…






ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/09/11 08:00 [edit]

category: 自然保護地区

thread: ドイツ生活 - janre: 海外情報

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top