Tierheim ティアハイム
猫たちの暮らし


今日は猫です。
ここに連れて来られる子たちはやはり飼い主が
何らかの理由で飼えなくなった子たちです。

猫は散歩に行かなくていいせいかお年寄りのお宅に
いた子が、飼い主が亡くなったり、入院したりという
ケースも多いそうです。

後は生まれた仔猫たちも良く持ち込まれるそうです。

このティアハイムでは猫に必要なスペースが
十分に与えられています。

以前に飼われていた環境に出来るだけ近づけるため
家猫、外猫に分けられ、外猫は外にも出られるように
工夫されています。

201708170327177e7.jpg

まだ出来たばかりの猫舎。
部屋の広さは犬の部屋より、さらに広い!

とても清潔で毎日洗い立てのラグや毛布をもらい、
トイレもきれいで臭いもほとんどしません。




20170817032704b84.jpg

猫たちの様子はとても落ち着いています。
この子も新しいお家が見つかるのを待っています。

 


201708170327239c6.jpg

各部屋に置いてある椅子は…
ボランティアさんがやってきて、人に馴れてくれるように
撫でたり、本を読み聞かせするのに座るためです。

本の読み聞かせには子供たちがよくやって来ます。
教室だと緊張してしまう本読みも猫の前だと上手に読める。

子供が精神的に癒され、集中力が高まる上、本を読む声は
猫が人間に馴れるのにとても有効な方法なのだそうです。





20170817032825d0e.jpg

親子で保護された猫たち。
お母さんは後ろ右奥。手前は子猫たち。
普通の家のリビングより少し小さいくらいのお部屋に
家族みんなで一緒に暮らしています。

子猫たちは元気いっぱい飛び跳ね、お母さん猫は
それを見守っています…



ボランティア募集

ティアハイムでは犬の散歩をしてくれる方を募集しています。
ご希望の方は身分証明書を持って、直接Tierheimにへ。
特に平日が人不足で困っています。

場所: Tierheim München
住所: Riemer Straße 270, 81829 München
時間: 月-金の9時、10時、11時 / 土日は9時






ドイツの動物愛護施設を訪問してみませんか?
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/08/28 08:00 [edit]

category: ティアハイム

thread: 犬との生活 - janre: ペット

tb: 0   cm: 4

コメント

出来るだけ、元いた環境に近付けるって、良いですね。
猫ちゃん達も、早く安心しますよね。
そちらでは、成猫だけでなく、仔猫も持ち込まれるんですね。
イギリスでは、ドメスティックな仔猫でも、必ずお金になるので、持ち込まれる事は、殆ど無いですね。
仔猫から買いたい時は、早い者勝ち状態で、探すのが大変ですよ。
そちらでは、野良猫っているんですか?
こっちでは、見た事が無いです。
なので、日本に行くと、いつも野良猫の多さに、驚かされます。
早く良い家族に巡りあえると、良いですね〜(*^^*)

URL | Coco #SMRuIIQ2 | 2017/08/28 23:03 | edit

Cocoさん、こんにちは。
イギリスでは猫を飼う方が多いんですね!
それともしっかりと去勢されていて、仔猫が少ないのでしょうか?
これ以上増やさないという意味でTierheimの動物たちも基本的に
みんな去勢されています。野良猫は私も見かけたことはないです。
外をウロウロしている子はみんな遊びに出ている飼い猫たち。
ハリネズミ一匹、野鳥一羽でもすぐに誰かが保護して保護施設に
連れて行きます。

URL | Ms.R #- | 2017/08/29 03:02 | edit

こんばんは、先日は弊ブログ(京都案内)へのコメントありがとうございました。

アウグスブルグは世界遺産の街なのですね、ヨーロッパにはあまり行ったことがないので、ドイツにも行けていません。ブログを読ませていただいて、ドイツの歴史・雰囲気を感じました。機会があれば、ぜひ訪問したいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

URL | kotodayori #- | 2017/08/29 19:29 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2017/08/31 05:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deutschland100.blog.fc2.com/tb.php/585-14d71911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top