Sat.

ケルン大聖堂 その3  

当方の三博士とマリア様

教会は必ずどなたかを祀っています。
イエスだったり、マリア様や聖人や天使だったり…

その方に捧げる献堂式が行われて初めて
ただの建物から教会になるわけです。

ケルン大聖堂では東方の三博士が祀られています。
1164年にミラノから頭骸骨が送られて来て、
それを祀るためにこの大聖堂が建てられました。


20171010052242181.jpg

とにかく天井が高くて荘厳な雰囲気は
当時の人々が出来るだけ天井を高くし
神に近づこうとしたゴシック様式独特のものです。

奥は主祭壇。




2017101003494578f.jpg

ベツレヘムの星に導かれ、
イエスの誕生を祝った3人の学者。

イエスが将来必要になるだろう
乳香、没薬、金をイエスに贈りました。

彼らがイエスを祝福したとされる1月6日は
ドイツでは祝日になっています。




2017101003494359d.jpg

祭壇の手前右側には1290年ごろの
奇跡のマリア様
身のこなしが優しく、最も美しいマリア様のひとつです。




201710100349365e0.jpg

そしてロウソクの灯りが絶えることのない一角
多くの人々が祈りを捧げていました。
ここにはたくさんの飾りを付けたマリア様の像があります。




2017101003492965c.jpg

幼子を抱くマリア様の衣装には
数えきれないほどの装飾品が…

ケルンでは愛や子供を願う人々は
金や宝石を贈る習慣があるのです。

ケルン大聖堂…
独特の雰囲気にすっかり神聖な気持ちになり、
またたくさんお願い事をしてしまいました!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/10/14 08:00 [edit]

category: ケルン

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deutschland100.blog.fc2.com/tb.php/605-4a2e79e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top