Sun.

王の最後の場所  

王が溺死した湖を訪ねる

10月末の秋晴れの朝、ミュンヘン郊外にある湖
Starnbergerseeシュタンベルグ湖を訪ねました。

この湖でノイシュバンシュタイン城を建てた王様
ルードヴィッヒ2世は謎の死を遂げています。

よく彼の話をするせいもあり、
なんだか身近な存在に感じる彼の死に場所。
もっと前に訪ねていてもいいはずでした。


201710230131549dd.jpg

左右に畑が続くのどかな道を走る事1時間。




20171023013159d29.jpg

シュタンベルグ湖はかなり大きな湖で
湖のほとりにはたくさんの小さな町があります。

ルードヴィッヒ2世がまだ子供だった頃、
いとこたちと楽しいひとときを過ごしたベルグ城は
そういった街のひとつBergベルグにあります。




20171023013149f18.jpg

Bergベルグに着いて車をとめると駐車場にはこんな看板が。
見覚えのある男性はもちろんルードヴィッヒ2世。

彼の亡くなった場所に建てられたチャペルへの道しるべです。




20171023012130689.jpg

駐車場からチャペルまでは歩いて20分ほど。
木陰が気持ちいいお散歩道です。

そう、1886年6月13日の夕方。
夕方の散歩を所望したルードヴィッヒ2世も
侍医のグッデン医師とここを歩いたのでしょう。

それが最後の散歩になると
彼は知っていたのでしょうか…

ま、そんなようなことに思いを馳せながら歩きました。




20171023012129744.jpg

きれいに黄葉したブナ林の間から見えるのが
亡くなった王のために建てられたVotivチャペルです。




20171023011950cd6.jpg

小高い丘の上から王の亡くなった湖を
見下ろすことが出来ます。

思ったより多くの散歩客がこのチャペルに
立ち寄って休んでまたお散歩の続きを
楽しんでいました。

ノイシュバンシュタイン城の建つ
ホーエンシュバンガウは観光客でいっぱいですが、
ここは静かなもので地元のドイツ人ばかり。




2017102301193623f.jpg

チャペルから湖に下りて行くと
本当に膝までもないような浅瀬に
十字架が立っています。

ここで彼が亡くなったんだなと
感慨深いものがありました。

色々話をしてきました。
「いつもお世話になっています」とか
「大変でしたね。」とか
「安らかに眠ってくださいね。」とか
「これからもよろしくお願いします。」とか
「優しかった王様の話をたくさんしてますよ。」とか
「私は王様のこと好きですよ。」とか

まとまらない内容で言いたいことだけ言って!




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2017/11/05 08:00 [edit]

category: ノイシュバンシュタイン城

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deutschland100.blog.fc2.com/tb.php/620-104fc33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top