GNADENHOF
家畜たち

家畜と聞いて思い浮かぶのは…
肉、卵、牛乳、皮革、毛…

ドイツの動物愛護法では使役動物であっても
尊厳を持って飼育(場合によっては屠殺)する
という決まりがあります。

残念ながら守られていないことが多く…
運の良かった動物たちがここに引き取られています。



15171568710.jpeg

家畜小屋と広場があり、ここで助け出された
動物たちが暮らしています。




15171569550.jpeg

年老いたヤギたち。
ひどい環境で飼われていたのを助け出されました。




15171568890.jpeg

同じく年老いた羊たち。




15171569060.jpeg

屠殺される寸前に助けられた豚。
藁の中に埋もれてお昼寝を楽しんでいました。




15171569270.jpeg

ペットとして飼われていたミニブタ。
飼えなくなって飼い主が持ち込んできたそうです。




15171568500.jpeg

大量生産の日の当たらない不衛生な鶏小屋から
助け出された鶏たち。

今は広々とした土の上で、たまには日に当たりながら
ミミズをつつく幸せな暮らしを楽しんでいます。




ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
↓    ↓    ↓    ↓
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス



↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!
スポンサーサイト

2018/02/06 08:00 [edit]

category: ティアハイム

thread: 犬との生活 - janre: ペット

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top