fc2ブログ
これは意外でした・・・
Y氏のヨーロッパ滞在最後の日は、お土産を買ったりショッピングするためにミュンヘンで一日フリーにしておいた。
にもかかわらず、どうしてもMANを見たいと連絡があった。アウグスブルグの観光をした時にルドルフ・ディーゼルの話をしたのだが、それが印象に残っていて世紀の大発明をした彼の本拠地をどうしても見ておきたくなったのだそうだ。
Y氏は車がお好きでとても詳しい。そう言えば通りすがる車、お気に入りを見つける度にシャッターを切ってらした。

そういう訳でまたアウグスブルグまで出て来ていただき、さっそくMANディーゼルへ向かった。
某番組の「となりの晩ごはん、突撃~!」という訳にはいかないだろうと、ここで働いている知り合いに付いてきてもらった。

MANはMaschinenfabrik Augsburg-Nürnberg(アウクスブルク・ニュルンベルク機械工場)の略。
ルドルフ・ディーゼルにの才能に最初に目を付け、出資し、ディーゼルエンジンの発明に貢献した。



20150519190150465.jpg

アウグスブルグ本社の玄関わきにあるルドルフ・ディーゼルの像。
パリで生まれ、普仏戦争勃発のため父の故郷アウグスブルグへ。奨学金を得てミュンヘン工科大学を首席で卒業。
冷蔵技術を研究しながらも蒸気機関に興味を持ち続け、蒸気機関よりさらに熱効率のいいエンジンを作る研究をする。
1893年、ディーゼルエンジン完成。安価な石油や重油を使って、最大の熱効率を得られるこのエンジンは世界中で使われることとなった。




017_20150519192258ccd.jpg

MANディーゼル社の玄関で記念撮影!




020_2015051919225985c.jpg

初期のころのディーゼルエンジン。かなりの大きさだ。この大きさと重さなので、主に船や大型トラックに搭載されていた。




011_2015051919221911f.jpg

現在作られている船のエンジン。




013_20150519192229b7d.jpg

アウディに積まれているエンジン。
環境に優しくないディーゼルエンジンは敬遠されがちで、最近ではドイツ車でもベンツやBMWにはディーゼルエンジンはあまり使われていない。

あれ~、あのでかいエンジンいつの間にこんなに小さくなったの???



♪僕の名前はヤン坊、僕の名前はマー坊♪のお天気予報でおなじみ、農耕機で知られたヤンマーディーゼル

ディーゼル????

そう、ヤンマーディーゼルの創始者山岡孫吉こそがこの世紀の大発明ディーゼルエンジンの短所、大きくて重いを開発に開発をかさね、乗用車にも載せられる小さいディーゼルエンジンを作った張本人なのだ!

兵庫県の尼崎市に本社を構え、滋賀県の長浜市に工場を持つ。そうして、アウグスブルグと尼崎市・長浜市との友好関係を結んだのも山岡氏。

1984年に姉妹都市25周年を記念して、両市からアウグスブルグの植物園に桂離宮を模した日本庭園が贈られている。



追記:

途中3日間はイタリアに行かれたけれど、9日間いう長い間Y氏のお伴をさせていただいてとても勉強になりました。
いつもノリノリで陽気なY氏。実はとても謙虚で礼儀正しい方でした。
私の事もよく気遣ってくださり、9日間一度も不満も文句もおっしゃらず、ポジティブなエネルギーをたっぷりいただきました!

Yさん、またドイツに来られるときは是非お声を掛けてくださいね!どうぞ、お元気で!!


009_201505191926596eb.jpg

最後に寄ったスーパーでお買い物。記念に載せておきますね!!本当に楽しかったです!


ドイツの素敵な場所にご案内いたします!
アウグスブルグ ガイド&通訳サービス


↓クリックしてくれたら、嬉しいです!
にほんブログ村 旅行ブログ ドイツ旅行へ
にほんブログ村


↓拍手もついでにお願いしますっ!!

関連記事
スポンサーサイト



2015/05/19 19:58 [edit]

category: 京都からのお客さま

thread: ドイツ旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

このブログの訪問者

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

フリーエリア

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top